2012/08/30

モンサンミッシェル観光1

パリからTGVとレンタカーを使って、世界遺産のモンサンミッシェルに行った際のレポですhappy01



パリのモンパルナス駅からTGV(フランスの新幹線)に乗りましたbullettrain。2時間ちょっとでレンヌ駅に到着。



レンヌの街を散策したあと、レンヌ駅北口にあるガレット屋さんで昼食をとりましたrestaurant



ハムチーズと目玉焼きのガレット



ハムチーズとベーコンのガレット

ガレットというのは、ブルターニュ地方の郷土料理で、そば粉のクレープのようなものですshine。クレープといっても、生地は塩味ですし、焼くのは片面だけ。日本でもガレットを出す店がだんだん増えてきているので、食べたことのある方も多いと思いますnotes

主人と半分ずつシェアして食べたのですが、両方ともとても美味しくて、大満足でしたlovely



駅前の「Hertz」でルノーメガーヌを借りました。このレンタカーrvcarでモンサンミッシェルの近くにある飛行場をairplane目指します。

カーナビ付きの車だったんですが、画面がフランス語表記なので設定がうまくいきません。仕方がないので、日本でプリントアウトしてきた地図を頼りに、とりあえず高速に乗ってみようとしたのですが、なかなか高速の入口が見つからず、焦る私たち・・coldsweats02

そうこうしているうちに、一方通行の多い旧市街に迷い込み、現在どこにいるのかもわからなくなって・・・。

「もう飛行機の予約時間には完全に間に合わない。遅刻することをパイロットに伝えよう」ということになり、パイロットに電話。相手も片言の英語でしたが、なんとか通じました。これで心に少し余裕ができました。

やっぱりカーナビに頼ることにして、どうにか高速道路には乗れました。ただ、目的地である飛行場の名前を入れても、カーナビには登録されておらず、その後も悪戦苦闘・・・。地図とカーナビとの併用でなんとか到着できました。ふぅ~~~~~coldsweats01

フランスの高速道路は日本なみに綺麗でした。最高速度130キロというのも良いですねbell



Aérodrome d'Avranches - Le Val-Saint-Père (アヴランシュ・ル・ヴァル・サン・ペール飛行場)

田舎町の飛行場ですが、「Aerodrome」(飛行場)の標識は、飛行場の目の前に1カ所あっただけでした。

アメリカだと道路標識がわかりやすいので標識だけで目的地に辿り着けたりしますが、フランスではかなり厳しいと思います。(外国人からしたら東京の道路もわかりにくいんでしょうね・・。)

大幅に遅刻してしまったにもかかわらず、パイロットのディディエさんは私たちを笑顔で迎えてくれました。あ~良かった~。本当にホッとしましたconfident

そうそう、主人が予約していた飛行機というのはこちら↓ですbleah



ULM(Ultra Leger Motorise)超軽量動力飛行機

このとおり、ハングライダーの後ろに小さなエンジンとプロペラが付いているだけ。

このモーターハングライダーの存在を知ったのは、「世界!弾丸トラベラー」というTV番組がきっかけでした。その第1回目の放送で長谷川理恵さんがこれに乗っていたのを見て、「私もいつかモンサンミッシェルに行ったら、モーターハングライダーに乗ってみたい!」と思っていたんですflair




機体もシンプルですが、コックピットも超シンプル。




高度1000メートルまで上昇しますので、夏でも厚手のジャケットが必須です。もちろんジャケットは貸してもらえます。フルフェイスのヘルメットにはマイクがついており、パイロットと会話が可能です。フランス語は話せなくても大丈夫です。

シートベルトは、お腹に1本まわすだけ。。。自分とハングライダーとを繋いでいるのがこのベルトだけだと思うと急に不安になり、先に乗った主人に、
「ねぇ、シートベルトってこの1本だけ?wobbly」と聞くと、
「ジャンボジェット機のシートベルトだって同じでしょ。大丈夫だよ。」と、つれない返事・・・。
「でもさ、これは室内じゃないよ。完全に外だよsweat01。」
「バイクも外だけど、シートベルトは無い。」
・・・はい、わかりました。腹をくくりますsad

「カメラ持っていく?」
・・・撮る余裕なさそうなので、やめときました。(ということで、主人が上空で撮った写真に私がナレーションをつけます。)



直前になってだんだん不安になって来ましたが、行ってきまーす!dash



羊がいる飛行場から、いよいよテイクオフsign01



映画「ET」の中で、自転車で空を飛ぶシーンがありましたが、まさにそんな感じでふわっと浮きました。




ぐんぐん上昇。飛び立った飛行場があっという間に小さくなり、、、



はるか前方にはモンサンミッシェルがsign03 sign03



モンサンミッシェルの東側から時速110キロで徐々に近づいていきます。機体は意外と安定していて、ふわふわした感じはありません。ただ、上空ではものすごい風を受け続けることになりますので、冬だとツライかもしれませんね。




憧れのモンサンミッシェルの真上をゆ~っくりと旋回lovely




正面からのフォルムはほんとうに美しかったです。まさに絶景sign03


夢のような時間は、あっという間に過ぎて、元の飛行場に帰還です。



ランディングも上手で、ほとんど振動なし。



無事に帰ってこれましたhappy01



パイロットの「Didier Hulin」(ディディエ ユラン)さん

今回はモンサンミッシェルの上空1000メートルをゆっくりと周回して帰ってくるという往復18kmのコースでお願いしました。所要25分間で、料金は100ユーロです。これだけの素晴らしい体験ができて100ユーロというのはとても安いと思いましたshine

ユランさんのホームページはこちら(←click)。

ホームページはフランス語ですが、グーグル翻訳でなんとか理解できると思います。(日本語への翻訳はイマイチなので、フランス語から英語に翻訳したほうが良いかもしれません。)
予約フォームも動作しなかったのですが、氏名、メールアドレス、電話番号、希望コース、希望日時、人数を英語で書いてメールを出したら、翌日に返事がかえって来ました。

モンサンミッシェルに行かれる方には、本当におすすめのアクティビティーですよgood


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

人気ブログランキングへ ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してください。

2012/08/28

パリの『LADUREE』でティータイム

パリを観光中、プランタン内にある『LADUREE』(ラデュレ)で休憩しましたhappy01



ラデュレ・プランタン・オスマン店モード館サロン




マカロン4個セット(8.8€)、カプチーノ(5.4€)、アールグレイ(6.5€)

私はマカロンのセットをお願いしました。3種類(ショコラ、カフェ、バニラ)は自分で決めたのですが、店員さんに「あと1つは、オススメのものをお願いします!」と言ったところ、ベタルローズが付いてきました。

美味しいマカロンでしたけど、チョコレート味やカフェ味はピエールエルメのほうが好きかなぁ~。




チョコエクレア(6.6€)

主人はエクレアを注文しました。何も知らずにオーダーしたのですが、エクレアもラデュレの看板メニューの1つだったようです。

シュー生地にかかっているチョコレートはパリっとしていて、中にもったりとしたカスタードクリームがたっぷり入っています。一口もらったのですが、マカロンよりも美味しかったですlovely




あと、カプチーノについていたミルクチョコレートもとても気に入ったので、、、帰り際にお土産として買ってしまいましたsmile


そうそう、パリではショッピングも楽しみの1つですよね。

パリ滞在中はソフィテルホテルに宿泊していたのですが、お部屋に置いてあった紅茶(ティーバッグ)がとても美味しくて、一瞬でファンになってしまいましたheart04。インターネットでお店(ダマン・フレール)の場所を調べて、買いに行きました。



ダマン・フレール(DAMMANN FRERES)

高級感のあるこちらのお店はヴォージュ広場のすぐそばにあります。茶葉の種類が多くてビックリeye



茶葉の香りはすべて確認できるので、いろいろと迷ったのですが、結局は無難なものを選択coldsweats01。左の缶は、ブレックファースト、ダージリンGFOP、アールグレイインゼン。右の箱はティーバッグで、ブレックファースト、ダージリン(ファーストフラッシュ)です。缶もカッコイイです。

東京だと新宿の伊勢丹で購入できますが、お値段は2倍くらいしちゃいます・・coldsweats02



そのあと、マリアージュ・フレールにも行きました。マリアージュは、銀座、新宿、渋谷、恵比寿など東京でも店舗数が多いので、ご存知の方も多いと思います。



マリアージュ・フレール(MARIAGE FRERES) 

マリアージュフレールのマドレーヌ店です。ディスプレイもおしゃれで素敵ですね。



一番人気の「マルコポーロ」と、「ブレックファースト」を購入しました。

マリアージュのティーバッグって、木綿のガーゼなんですよね~。箱を開けると、とても良い香りが部屋中に広がりました。まだ飲んでないのですが、こういうフレーバー系は大好きなので今から楽しみですshine


そして、同じマドレーヌ地区にあるマスタードの専門店『マイユ』にも立ち寄りました。



マイユ(MAILLE)

うちでもマイユを愛用していますが、紫やオレンジなど見たことがないようなカラフルなマスタードがありました。一部は味見も可能です。



(左から)ライム味、ハーブ味、ガーリックとレモン味、パルミジャーノとバジル味

店内にあった20種類以上のマスタードから、特に気になったこちらの4つを購入。どんなふうにアレンジしようかしら!まずは、お決まりのハムチーズサンドかなsmile



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

人気ブログランキングへ ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してください。