2018/05/23

イワシのお刺身 と はまぐりの酒蒸し

先日、漁港の近くに行く機会があり、そこの魚屋さんで鮮度抜群なイワシと立派なハマグリを買ってきました。



イワシのお刺身

300円でゲットしたピカピカのイワシ😍。イワシの刺身は独特の甘味があって美味しいですよね。生姜醤油、わさび醤油の両方で楽しみました。




はまぐりの酒蒸し

ぷりっぷりのハマグリは酒蒸しで。隠し味のお味噌を入れることでスープがまろやかになります。作り方はアサリの酒蒸しと同じです📓。

★酒蒸しの作り方(作りやすい量)★

🍎材料

・アサリ or はまぐり       400g位 
・調味料(白ワイン 大さじ2、バター 10g、にんにく 少々、味噌 大さじ1/2)
・(あれば)あさつき      適量

💬作り方

1.アサリ(はまぐり)は、しっかり砂抜きをしておく。
2.1をしっかり洗い、水気をきって鍋に入れる。
3.2に味噌以外の調味料を入れ蓋をして、蒸し焼きにする。
4.アサリ(はまぐり)が開いたら、味噌を溶き入れ、火を止める。最後にアサツキをかけて出来上がり。




ズワイ蟹とワカメの酢の物




胡麻豆腐

Oisixで購入しています。お味噌が美味しいので何度もリピしています❗。




大根の浅漬と柴漬け


陽射しがだいぶ強くなり、朝のレイの散歩は6時半に行くようになりました👣。それでも、レイは日向を嫌がり、日陰を歩きたがります。真夏は5時台かな。。。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

 ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2018/05/16

母の日のおもてなしイタリアン(2018)

東北の旅行記が続いていたためアップが遅くなりましたが、今年も義父母をお招きして「母の日」のお祝いをしました😉。



日頃の感謝の気持ちを込めて「乾杯~~~~🍷 」




ズワイガニと大葉の揚げ春巻き ブラッドオレンジソース

ズワイガニのむき身と大葉を春巻きの皮で包んで揚げました。ソースはブラッドオレンジジュースを煮詰めて、無塩バターでとろみをつけたもの。また、春巻きの下にもカニとトマトソースを絡めたものも添えています。何度か作っていますが、毎回、義父母が喜んでくれる一品です⭐。



生雲丹のババロアと新たまねぎのムース

こちらは初めてお出しした一品。写真ではわかりにくいんですが、白い新玉ねぎのムースの下は生ウニのババロアになっています。ババロアは、裏漉ししたウニにコンソメを加え、ゼラチンで固めたものです。こちらも好評でした😉!



雲丹のクリームスパゲッティー

自信作のバフンウニのクリームソースで絡めたパスタです。

レシピはこちら(←click)。




真鯛のグリル・サルサベルデソース

先日のおもてなしのときにも作ったお気に入りの一皿です。真鯛の皮はカリッと、身はふんわり焼き上げ、サルサベルデソースと一緒に頂きます。

義父から「このソースはやっぱり良いね~~~」と褒めて頂けました!




デザートは新宿高野のフルーツケーキ🎂


最初に母の日のお祝いをわが家でしたのが2009年。今でも緊張はしますが、あの頃に比べると、だいぶ手際よくおもてなし料理を作れるようになったと思います。

今月から一ツ星フレンチのお料理教室にも通い始めたので、来年はフレンチにチャレンジしたいです。

ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

 ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2018/05/14

桜満開の角館(秋田県)

旅行3日目は秋田県の角館に向かいました🚗。


角館の武家屋敷通りも桜の名所として有名です🌸。



角館の枝垂れ桜はピークを過ぎて葉桜になっていました。枝垂れ桜とソメイヨシノは開花時期が異なるので両方ピークというのは難しいです。


武家屋敷のすぐそばに桧木内川が流れています。こちらのソメイヨシノはちょうどピークを迎えていました😃



4頭の写真はなかなか揃いません(笑)



連写してたら表情まで揃った珍しい写真が撮れました!

ランチは車で湯沢市稲庭町まで足を伸ばしました。



「佐藤養助 総本店」

稲庭うどんの名店です。レストランだけでなく、製麺工場も併設されていて気軽に見学することが可能です。お土産売り場も充実していますよ。



海老天おろしうどん(1180円)

サクッと揚がった海老天と喉越しのいい稲庭うどんのセットを頂きました。ひんやり冷えた麺はツルツルとしていてとても美味しかったです。


このあと東京に戻りました。1度は観ておきたかった弘前公園と角館の桜を観れて本当に良かったです。とくに日本三大名所と言われている弘前公園の桜は感動しました😉。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

 ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。


2018/05/10

寺沢(岩手県北上)

2日目の夜は、青森から南下し、岩手県北上市にある「寺沢」に伺いました。



「寺沢」

岩手県を代表する日本料理のお店として、東京からも足を運ぶ方が多い完全予約制の名店です。地産の食材をふんだんに取り入れたおまかせコース(10800円+サービス料10%)を頂きました。



グリーンピースのゼリー寄せ ウニとキャビアを添えて

最初から心を掴まれました。文句なしの美味しさです。蕨と菜の花にかかっている酢味噌も好きなお味でした。




アイナメと生麩のお椀

この日は19時に予約を入れていたんですが、その1時間前に削った鰹節を使ってお出汁をとってくれたそうです。塩は最小限にして、ダシの味と香りを堪能できる一杯です。



ヒラマサ、本マグロ、サワラの炙り




はまぐりの茶碗し アオサの餡かけ

旬のハマグリを使った春の茶碗蒸し。初めて頂きましたが、貝のエキスの茶碗蒸しも良いですね~!アオサ入りのとろみがついた餡も美味しかったです。



鱒の西京焼き

絶妙な浸かり具合で、印象に残った一皿です。写真ではわかりにくいですが木の芽は7~8枚重ねられています。西京焼きと木の芽は素晴らしく相性が良いですね!



八寸

こごみの胡麻和え、タラの芽の天ぷら、桜の葉に包まれて一口サイズの手毬寿司、三陸牛、牡蠣の燻製、タコの甘煮、桜えび入り玉子焼き、車海老のさっと煮

特にタラの芽の天ぷらと、タコの甘煮が格別でした。タコがビックリするほど柔らかくて、今まで食べたことがない食感でした。



筍と三陸鯛の含め煮

この日1番感動したお料理です。タケノコは京都の物集女(もずめ)のものだそうです。やっぱり物集女のタケノコって凄いんですね・・・。しっかりした味付けのお出汁でじっくり炊かれていました。来年は私も物集女のタケノコを取り寄せてみたいと思いました。



アスパラガス、フルーツトマト、アワビの黄身ソースがけ

アワビはしっとり柔らかくて噛むほど旨味が口に広がります。黄身ソースも良い味で、アスパラを美味しく頂けました。



いわて牛の甘辛煮、白米、お味噌汁

ごはんは寺沢さんの御実家で有機栽培されたお米を炊いたものだそうです。ここまで素晴らしいお米はかなり久しぶりかも。

日本料理の締めの食事は炊き込みご飯が多いですが、お米の良さを感じるには銀シャリが1番よくわかりますし、岩手牛の甘辛煮も美味しくて大満足でした。お腹がいっぱい過ぎてご飯をおかわりできなかったことが残念です。




自家製イチゴのアイスとフルーツ添え

「余計なものが入っていないため、色が悪いんです」とおっしゃっていたイチゴのアイスですが、これまたとても美味しかったです。お腹がはちきれるくらい一杯でも、こういうデザートはぺろっと頂けるので嬉しいです。


東北の食材を満喫することができました。とくに義父が相当気に入ったようで、喜んでくれてよかったです。最後に店主とお話をすることができたんですが、まだまだお若いのにセンスのある方なんだなと感じました。東京からは遠いですが、またいつか伺ってみたいお店です。



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

 ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。


2018/05/07

花筏と桜吹雪の弘前公園(青森県)



弘前旅行2日目は晴れ渡り、岩木山がはっきり見えました!



弘前公園の桜、素晴らしいワン🐕




晴れてはいましたが強風が吹きすさび、桜吹雪が凄かったです。外堀にどんどん花びらが落ちていきます。水面がみるみる花びらで覆われていき、本当に美しかったです😊。



花びらが作るピンクのグラデーション。強風のおかげで花筏(はないかだ)が出来ていく様子を現在進行形で観ることができました。



花筏は儚い桜の美しさを長持ちさせてくれますね。







弘前公園の有料エリア(310円)からは桜越しに岩木山をのぞむことが出来ます。



このカルガモの夫婦が花筏の外堀を縦横無尽に泳ぎまわってくれました。









主人は遠ざかっていくカルガモを撮りながら「あ~望遠レンズを持ってくればよかった」と後悔していました。桜を撮るだけだから望遠は要らないと思ってたんですよね。

私もずっと眺めていましたが、本当に素晴らしくて夢のような光景でした。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

 ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。