2021/12/03

瑠璃光院、永観堂、南禅寺(京都)

京都市内は瑠璃光院、永観堂、南禅寺をまわりました。

秋の瑠璃光院は大人気で入場するまでに4~5時間並ぶのが普通だったらしいんですが、昨年からネットでの事前予約制になりました。そのネット予約も初日はアクセス集中してサーバーダウンするなど熾烈な競争です。予約が必要なことを知らずに来て、ガッカリして帰る方が大勢いました。




瑠璃光院 お約束のリフレクション写真

露光時間を長めにすると夜間でもこんな写真が撮れます。

撮影日時は11月18日の17時過ぎです。やはり紅葉には早かったですね。


こんな感じでピカピカの黒い机の前にしゃがんで代わる代わる撮影しています(笑)。長時間居座る人はいなくて皆さん30秒くらいで交代していました。

19時以降の夜間特別拝観は7000円もするんですが、日没後の17時過ぎに予約すれば2000円でライトアップを観られますよ。

瑠璃光院の駐車場は京都ガーデンテラスの100円パーキングを利用できます。ただ、敦賀街道から瑠璃光院への路地に入る際にガードマンが立ちはだかっていて、なかなか車両を通してくれません😣。「京都ガーデンテラスに行く」と言えば通行許可してもらえます。


お次は永観堂(禅林寺)の夜間特別拝観へ。永観堂は当日券で大丈夫です。

撮影は11月18日。ところどころ紅葉しているといった感じですね。

永観堂 放生池のリフレクション



小望月でした。翌日(11月19日)は部分月食がありましたね。


旅行最終日に立ち寄った南禅寺です。




南禅寺も犬連れOKの貴重なお寺です。撮影日は11月19日。


南禅寺の水路閣も有名な写真スポットです。きもの文化復活!?と思うほど着物姿の若者が多くいて代わる代わる写真を撮りあっていました。レイちゃんも大人気でたくさんの人から撮られましたよ~😄。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2021/12/01

嘯月、仙太郎、出町ふたば、紫野和久傳(京都)

今回の旅行では和菓子屋さん巡りも楽しみの1つでした。上菓子ともなると賞味期限は当日限り。せっかく京都にきたのだから、いろいろな和菓子も食べてみたい!洋食おがたでランチした日の夜は、和菓子屋さんをあちこちまわって宿泊先で味わいました。


嘯月(しょうげつ)

上生菓子では京都一の名店。京都一ということは日本一なのかも。実際、食べログでも全国1位の評価です。完全予約制で2週間ほど前に電話予約をしました。


嘯月『季節の上菓子』(4個 1840円)

せっかくの美しい上生菓子なので漆器も持参しました。もちろんお抹茶も用意しました。

・深山の秋(右奥):外はつぶつぶの村雨餡、中は白小豆のこしあんです。白小豆の餡って今まであんまり好みじゃなかったんですが、これは全くの別物でした。
・春日野(右前):見た目は普通だけど、味は普通じゃないお饅頭。つくね芋を使った生地はとても薄いのにもっちりしていて、中のこし餡も最高!
・錦繍 軽羹(左前):オレンジと薄緑の軽羹の間に蒸し羊羹が挟まっています。ふっくらもっちり食感、見た目だけでなく味も完成度が高すぎ。感動。
・錦繍 金団(左奥):華やかなきんとんも中のこしあんもしっとりしていて口に入れるとふわっと軽やか。上品な甘みを残してすーっと溶けていく感じ。

4つとも超ハイレベルでした~😍。東京の方は、高島屋の京都航空便で年に何度か購入チャンスがあります。ただ、数がとても少なくすぐ売り切れます。


仙太郎『栗きんつば』(216円)

仙太郎は東京のデパ地下にも入っているお気に入り店。でもこちらの栗きんつばは京都限定商品です。超薄皮で、ほぼあんこと栗です😋。仙太郎らしく甘さ控えめでした。


出町ふたば(出町柳)

瑠璃光院に行く際に出町柳を通ったので車窓から撮影。平日でもこの大行列。ざっと100人以上は並んでいたと思います。

出町ふたばの豆餅は大丸京都店で電話予約することができるため、私はそちらを利用しました。(3個600円のセットのみ)


出町ふたば『豆餅』(200円)

2度搗きされた羽二重餅の柔らかさ、赤えんどう豆の塩気と程良い甘さのこし餡。本当に絶妙なバランスですね😍。実は大丸でとある名店の豆大福も購入して食べ比べしてみたんですが、出町ふたばのほうが断然美味しかったです!

こちらも月に1度高島屋の京都航空便で買うことができますよ。


紫野和久傳『わたぼうし栗餡』(2個入り1080円)

栗と砂糖だけで作られている栗餡が、ふんわりと求肥に包まれています。栗餡はちょっとボソボソしているんですけど、やわらかい求肥がカバーしてくれている感じ。お茶だけでなく、たぶんコーヒーにも合いそう。


紫野和久傳『栗の葛焼き』(3個入り1404円)

栗を吉野本葛と和三盆糖で練り上げ、葛焼きにした京都限定品。(賞味期限が3日ありましたので、これだけは帰宅後です)

風味は栗そのものなんですが、葛粉が入ることで面白い食感になります。軽くフライパンで炙ってくださいと言われたのですが、温めることで香り豊かになりますね。


2人で和菓子12個+美玉屋の団子5本を食べ尽くした夜は、とてもワクワクして楽しかったです。あんこ嫌いだった主人を、私が長年かけて教育して和菓子好きに変えたのが大きいですね😜。



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2021/11/29

洋食おがた(京都)

京都通のお友達から勧めらたお店「洋食おがた」に伺いました。


洋食おがた(中京区)

ミシュランのビブグルマンに選ばれている大人気店です。10月上旬に電話して11月のディナーは全て満席、ランチにはなんとか空きがあって予約がとれました。

レイはお店の近くの御池地下駐車場でお留守番です。


オープンキッチンのカウンター席で、プチコース4620円(税込)を頂きました。


鰆の燻製カルパッチョ

燻された半生状態の鰆を、薬味(長ネギ、みょうが、紅だて)、塩、オリーブオイルと一緒にいただきました。脂のりのよい鰆がとても美味しかったです。


自家製ハム、マカロニサラダが付いた野菜サラダ

葉っぱはしゃきっと。ドレッシングの味も良いし、マリネされた蕪、マカロニサラダ、どれをとっても美味しい!特に凄いのが手前の自家製ハム。しっとり感と塩加減と脂身の甘さ。いままで食べた中で1番のハムでした😍。


「もの凄いハムですね」という話をしたら、低温調理で出来上がったばかりのハムを見せてくださいました。鹿児島県「ふくどめ小牧場」のお肉で、ヨーロッパでも幻の豚と呼ばれているものだそうです。お皿に盛る直前に1枚1枚丁寧にカットしていました。



根菜のスープ

むかご、人参、大根、サツマイモなどの根菜が入っていて1つ1つにしっかり食感が残っていました。


ミンチカツ

肉汁たっぷりで旨味が凝縮されたミンチカツ。デミグラスソースとマッシュポテトの味も最高でした😍!私はスペシャリテのハンバーグを選んで途中で主人と交換したんですが、ミンチカツのほうが好みでした。

店内を見回してみると、厚切りのポークトンテキ、ポークジンジャーを召し上がっている方も多かったです。ふくどめ小牧場の豚がとにかく凄そうなので、次回伺った際はポーク系を選ぼうかな~。


キャラメルアイス

見た感じ重たく見えるアイスですが、実は氷の粒が多く含まれていてシャーベットっぽさがあり、意外とさっぱり頂けます。

大満足のランチでした😍。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2021/11/27

楊谷寺、光明寺、善峯寺(京都)

奈良のあとは京都へ。11月中旬ですと京都市内の紅葉には早いので、標高の高い西山三山(楊谷寺、光明寺、善峯寺)を中心にまわってきました。

まずは長岡京市にある楊谷寺から。不便な場所にも関わらずSNSで人気があるお寺なんですけど、すぐにその理由がわかりました。

■柳谷観音 楊谷寺

龍手水

庭手水




恋手水はハート型




苔手水

楊谷寺はインスタ映えへの努力が凄いです!あちこちに美しい手水があって、カメラを持ってきていない人でも思わずスマホで撮りたくなってしまいますね。



11月18日でこんな感じの紅葉でした。

楊谷寺は浄土宗のお寺なんですが、犬連れOKですよ!


■光明寺

お次は長岡京市の光明寺です。紅葉の時期なのでツアーバスが次々とやってきて、観光客をおろしていました。ただ、個人旅行者にとっては最寄り駅がなくてバスの本数も少なくアクセスは悪いです。犬連れもNGです。

花手水


もみじ参道

このもみじ参道はJR東海のCMに使われたことで一躍有名になりました。

撮影日は11月19日です。やはり西山は紅葉が早いですね~😀。

紅葉の時期、光明寺の駐車場はツアーバス専用になり、マイカーはとめられないと記載されていますが、実際はマイカー用の臨時駐車場(1000円)が用意されていました。場所はロビンガーデンの向かいです。光明寺は犬連れNGなのですが、この臨時駐車場は午前中ずっと日陰ですので、ワンコは車内残留でも問題ありません。


■善峯寺(よしみねでら)

京都市西京区にある山寺です。光明寺から車で10分ほどです。車だとラクなんですが、公共交通機関はバスしかなくバス停からもかなり歩きます。



撮影日は11月19日。黄色いモミジが多かったです。黄色も本当に美しいです!

善峯寺は天台宗のお寺。天台宗も犬連れOKなところがほとんどですね。






善峯寺は西山三山のなかでは1番立派なお寺でした。境内が広大で、しかも坂道や石段がほとんどなので、翌日ふくらはぎが筋肉痛になりました😂。山の中腹にあるため、境内のあちこちから京都市内が一望できます。モミジだけでなく桜も有名で、JR東海のCMに2度登場しています。

西山三山は、インスタ映えの楊谷寺、もみじ参道の光明寺、広大で眺めの良い善峯寺、といった感じでしょうか。3箇所とも初めて伺ったんですが、それぞれ特徴があって良かったです。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。


←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。