2018/12/08

サーロインステーキ と 蕪のスープ

主人の誕生日前日のディナーです!

誕生日当日はレストランに行く予定があったのですが、自宅でもお祝いしたくて、ちょっとだけ頑張りました。


サーロインステーキ

引越しをして以来、魚料理が増えましたが、主人の肉好きは相変わらずです。お肉屋さんにお願いして、厚さ5センチ程にカットしてもらったサーロインをミディアム・レアに焼き上げました。

ソースはガーリックレモンソース(←click)。こちらは「まいにち☆おいしい」のもりもんさんのレシピで、最近はこのソースで頂くことが多いです。

添えているのは、農産物直売所「すかなごっそ」で購入したビーツ、ビタミン大根、紅くるり大根、うずまきビーツ。すかなごっそでは三浦大根はもちろんのこと、ちょっと珍しい品種の採れたて野菜がたくさん並んでいるので、何度か車で買いに行っています。





蕪のスープ

カブは1年中手にはいりますが、秋から冬にかけておすすめなスープ。ポイントは、最初にしっかり蕪を炒めること。今回は米油を使いました。

★蕪のクリームスープの作り方★

🍎材料(2人前)

・カブ       2個
・バター     10g
・水         200cc
・固形コンソメ   1個
・牛乳        100cc
・生クリーム     50cc~
・塩、コショウ    各適量

📝作り方

1.カブは皮をむき、薄切りにする。
2.米油を入れた鍋で1のカブを炒める。カブが透き通ったらコンソメスープを加え、カブが柔らかくなるまで煮る。
3.バーミックスにかけたら、再び火に戻し、牛乳を加え塩、コショウで味を整え、お好みで生クリームを加えたら出来上がり。


米油でつくる♪華やかパーティー料理
米油でつくる♪華やかパーティー料理




ズワイ蟹のリゾット

ほぐしたズワイ蟹の身をたっぷり使って作った蟹リゾットです。リゾットを作るときは、加熱中にあまりお米にをかき混ぜずに、アルデンテに仕上げること。このリゾットも主人の大好物です。




ワインのお供

オリーブの実、ミニトマトのピクルス、ナッツ類、生ハム、チーズ(フォレストスモークチーズ、ゴーダ・トマトオリーブ)、きゅうりのピクルス

先日の女子会の際、Tさんが持ってきてくれたトマトのピクルスがとても美味しかったで、私も作ってみました。チーズはいずれもチーズ王国で購入したもの。セミハード系のチーズ好きににはおすすめの2種類です。




サラダ(サラダほうれん草、パルミジャーノチーズ、カリカリベーコン)



桃のヨーグルトムース

一応スイーツーも手作りで😄!甘さ控えめで、口当たりがなめらかなヨーグルトムースです。








ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

 ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2018/12/05

京風お雑煮

「ヤマキだし部」の11月のテーマ「一足お先におだしでおいしいお雑煮レシピ」の第2弾です。

主人も私も関東出身ですが、白味噌を使った関西風のお雑煮も時々作ります。



京風お雑煮

白味噌仕立てのお雑煮で、お餅の他にはヤツガシラと大根のみ。最後に良質な鰹節をたっぷり乗せていただきます。ヤツガシラが手に入らない時は、里芋でもOKです。ポイントは白味噌をとろみが付くほどたっぷり入れること。お出汁は『ヤマキ「基本のだし かつおと昆布の合わせだし」』を使いました。

★お雑煮の作り方★

🍎材料(2~3人前)
・八頭 (もしくは 里芋8個分ほど)
・大根        適量
・『基本のだし「かつおと昆布の合わせだし』 2袋
・水   3カップ
・白味噌      100g~120g
・お餅       2個✕人数分
・鰹節       適量


📝作り方

1.八頭は皮をむき、塩を加えて軽くもみ、鍋に入れて米の研ぎ汁を加えて中火にかける。竹串がスッと刺さるくらい柔らかく下ゆでし、ザルに上げる。
2.大根は食べやすい大きさに切り、さっと下茹でする。
3.鍋に水3カップと『基本のだし「かつおとこんぶの合わせだし』2袋を入れて火をつけ 沸騰したら3分煮出し 袋を取り出す。
4.3に小八頭、大根を加え、さっと温めたら、白味噌を溶き入れる。
5.焼き餅が入れた器に4を注いで出来上がり。仕上げに鰹節を添える。

ヤマキだし部 一足お先におだしでおいしいお雑煮レシピ
ヤマキだし部 一足お先におだしでおいしいお雑煮レシピ  かつおと昆布の合わせだし



ローストビーフ

黒毛和牛のモモ肉で作ったローストビーフです。火の入り具合もちょうど良く仕上がりました。主人の大好物なので、クリスマスや年末にもまた作る予定です。

ローストビーフの詳しいレシピはこちら(←click)。



かぼちゃの甘煮



ほうれん草のおひたし


おまけの写真📷

12月に入り、わが家でも少しずつクリスマスアイテムを飾り始めています🎅。



ノルディカニッセ

こちらは高島屋で衝動買いしてしまった木製人形です。デンマークの妖精「ニッセ」をモチーフにしたもので、他にもカワイイのがたくさんありました。いまは2体だけですが、どんどん増えてしまいそうで危険です(笑)。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

 ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。


2018/12/02

ビストロティロワ(神宮前) & 早明戦ラグビー観戦

大学ラグビーの早明戦を観戦しに秩父宮ラグビー場に行ってきました。観戦前の腹ごしらえに、今年は「ビストロティロワ」で集合しました。



bistro Tiroir(ビストロティロワ)

神宮外苑のすぐそばにあり、ミシュラン東京のビブグルマンに選ばれているお店です。2500円のランチコースをいただきました。



主人と同期のSさん夫妻と早稲田の優勝を祈念して白ワインで乾杯🍷。主人だけは車の運転のためジンジャエールです😜。



馬肉のカルパッチョ 人参ムースと旬野菜合わせ



スズキのポワレ オリーブ入りアンチョビソース




SPF豚ロースと肉のロースト フルムダンベールソース

はじめての訪問でしたが、どれも美味しかったです。コスパも高くて、来年もラグビー観戦の前はここで決まりかな!最後にコーヒーを飲んで、いざ秩父宮ラグビー場へ👣!
ラグビー場の入口付近で清宮パパを見かけました。



今年の早明戦は8年ぶりに優勝の可能性が残る試合になったため、超満員でした🏈。早稲田はパワーでは明らかに劣っていましたが、明治がトライのチャンスでミスを連発してくれたおかげで、後半の途中までは有利に試合をすすめられました。試合終了間際に追い上げられ、ロスタイムは本当にハラハラドキドキさせられましたが、31対27で創部100周年を優勝で飾ることができました!(帝京大と両校優勝)




帰りの大混雑&銀杏並木


おまけの写真📸



絵画館に駐車したのですが、そのお隣で建設中の新国立競技場です。完成まであと1年。外装はほぼ完成している感じですね。東京オリンピックのチケットは入手困難でしょうが、1度は入ってみたいな~。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

 ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2018/11/28

メジナのお造り と アラ汁

この日も漁港近くの魚屋さんまで足を伸ばし、朝獲れのメジナを購入しました。



メジナのお造り

真っ黒な魚体ですが、鯛のようにきれいな身のお魚です。身は淡白ですが、程よく油が乗っていてとても美味しかったです。




カサゴの竜田揚げ

開きの状態で売られていたカサゴを、片栗粉をまぶして竜田揚げにしました。中骨が抜いてあるので、頭から尾っぽまで残すところがありません。




お惣菜3種(切り干し大根煮、ポテトサラダ、小松菜の和え物)





三浦大根のお漬物

三浦大根は、青首大根と蕪の中間のような食感です。基本的に葉付きで売られているので、葉を使ったお料理も模索中。




メジナのアラ汁

メジナの骨と頭を使ってアラ汁にしました。お出汁は、『ヤマキ×レシピブログ』のモニターコラボ広告企画で頂いた削り節を使いました。

★メジナのアラ汁(2人前)★

🍎材料
・宗田鰹節の削り節        10g
・むろあじの削り節        10g
・水             650cc
・味噌            大さじ
・薄口醤油          大さじ1
・塩             ひとつまみ
・メジナのアラ        適量
・葱の輪切り

📝作り方
1.鍋にお湯を沸かし、削り節を入れて弱火で2分煮出す。
2.火を止めてふきんなどを敷いたザルで濾す。
3.アラを塩水で洗い、塩を軽く振って10分置き、熱湯で塩を流す。
4.2でとっただし(約500cc)、3のアラ汁を鍋に入れて火にかけ、沸騰したらアクを取り除く。
5.味噌をとき入れ、最後に薄口醤油と塩で味を整えたら出来上がり。


だしが決め手の料理レシピ
だしが決め手の料理レシピ



おまけの写真



少し前ですが、欣喜のお料理教室で知り合って以来、親しくさせて頂いているSさん宅にお邪魔しました。

フルコースのようなお料理を用意してくださり、前菜からメインのステーキまで、すべてが美味しく、至福のひとときを過ごしてきました。Tさんが選んでくださったスペインの赤ワインを片手に話が尽きること無く、気がつけばあっという間の5時間でした。Fさんが買ってきてくださったモンブランもとても美味しかったです。

この夏に引っ越して私だけ遠くなってしまったんですが、変わらぬお付き合いができて嬉しいです。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

 ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2018/11/25

関東風お雑煮

「ヤマキだし部」11月のテーマは「一足お先におだしでおいしいお雑煮レシピ」です。



関東風お雑煮

鶏肉、ほうれん草、人参、大根のみのシンプルなお雑煮です。今回は『ヤマキ「焼きあごと焼き煮干(いわし)の合わせだし」』でとったお出汁を使いました😉。


★お雑煮の作り方★

🍎材料(2~3人前)

・鶏のもも肉    200g
・大根        1/8本
・人参        1/2本
・ほうれん草     1/2羽
・『基本のだし「焼きあごと焼き煮干(いわし)の合わせだし』 2袋
・水   3カップ
・にんべんのつゆ   大さじ1.5
・三つ葉
・お餅       2個✕人数分

📝作り方

1.鶏肉は一口大、大根、人参は食べやすい大きさに切る。
2.ほうれん草はさっと下茹でし、食べやすい大きさに切る。
3.鍋に水4カップと『基本のだし「焼きあごと焼き煮干(いわし)の合わせだし』3袋を入れて火をつけ 沸騰したら3分煮出し 袋を取り出す。
4.3に鶏肉、人参、大根の順に入れて煮て、野菜類に火が通ったら、にんべんのつゆ、塩を加えて味をととのえる。
5.焼き餅を加え、お餅が好みの柔らかさになったら器に盛り、最後にほうれん草、三つ葉を添えたら出来上がり。


ヤマキだし部 一足お先におだしでおいしいお雑煮レシピ
ヤマキだし部 一足お先におだしでおいしいお雑煮レシピ  かつおと昆布の合わせだし




アジの南蛮漬け

甘酸っぱいさっぱりとした味付けで、シャキシャキとした食感のお野菜もたっぷりとれます。最低でも1晩以上は冷蔵庫で寝かせてください。1週間くらい保存可能です。




ポテトサラダ



三浦野菜の酢漬け

作りたてより、3,4日冷蔵庫で寝かせたほうが味が馴染みます。



公開以来ものすごい高評価な映画、『ボヘミアン・ラプソディ』を観てきました。クイーンのことはほとんど知らない私でも、流れる曲は知っているものばかりで、逆にクイーンの凄さを感じてしまいました。エンドロールになっても席を立つ人が誰1人いなかったのが印象的でした。



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

 ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2018/11/21

銀鮭の味噌漬け

先日、三崎の「うらりマルシェ」に行ってきました。三崎名物として有名な味噌漬けや、三浦野菜をたくさん買ってきました。



銀鮭の味噌漬け(さんき)

わが家のリフォームを手がけてくれた、とてもグルメな内装屋さんに教えてもらった「さんき」の味噌漬けです。幻のブドウエビを買いに築地に行っちゃう人のオススメだけあって、とても美味しかったです。お味噌も甘口で好みの味付けでした。




メバチマグロのしぐれ煮

マグロで有名な三崎漁港ですが、本マグロはほとんどなくて、メバチが中心です。こちらも白いご飯のお供にピッタリでした。




ふろふき大根

三浦大根で作りました。大根は20分ほど蒸してから出汁で炊くことで味がしっかり染み込みます。あまりに立派なサイズの大根だったので、今回は輪切りにせず、一口サイズで作りました。

大根を煮るお出汁は、あご煮干しの削り節と、うるめいわし削り節の2種類を使いました。



ヤマキさんから5種類の削り節をいただきました。オリジナルブレンドにも挑戦し、組み合わせ次第で変わるお出汁の味を楽しんでいます。


★ふろふき大根の作り方(2人前)★

🍎材料

・あご煮干し削り節        15g
・うるめいわし削り節       5g
・水             650cc
・薄口醤油          大さじ1
・みりん           大さじ1
・砂糖            小さじ1
・大根             適量
・田楽味噌           適量

📝作り方
1.鍋にお湯を沸かし、削り節を入れて弱火で2分煮出す。
2.火を止めてふきんなどを敷いたザルで濾す。
3.大根は3cmくらいの厚さに切り、皮をむいて面取りをし、蒸し器で20分ほど蒸す。
4.3の熱々の大根を鍋に入れ、2でとっただし(約500cc)、調味料を入れて煮る。
5.器に大根を盛りつけ、田楽味噌を乗せたら出来上がり。




きんぴら



自家製キャベツのお漬物

こちらも三浦のキャベツで作りました。甘みがあって美味しいキャベツでした。




ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

 ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。