2018/08/16

レストラン リューズ(六本木)

主人が誕生日祝いに、「Restaurant Ryuzu」を予約してくれました。

誕生日当日は夏季休業中でしたので、前祝いにしてもらいました😜。


Ryuzu

2013年から2ツ星を取り続けているフレンチです。昨年秋に初めて伺い、とても美味しく、絶対に再訪したいレストランでした。2度目の今回は旬の素材を活かした『シェフのおまかせコース』(8400円(+サービス料10%))を頂きました。




乾杯は、ポル・ロジェ・ブリュット・レゼルヴ!(POL ROGER BRUT RESERVE)




トウモロコシの冷製スープ と グリーンオリーブオイルのプチマドレーヌ

甘みの強い濃厚なスープ。塩気のあるプチマドレーヌの相性がいいです。



雲丹のフォンダン 雲丹をのせて 酢橘の香り 冬瓜のクーリー

クリーム色の四角いものは雲丹豆腐のようなもので、その上に雲丹が乗せられています。まわりのクーリーは、貝と冬瓜で作られたスリ流しのようなもので、酢橘の酸味もほのかに感じました。フォンダン、クーリーをそれぞれ食べると一味足りない気がするんですが、一緒に口に入れると最高の一品に!



八色椎茸をタルト仕立てに ラルドの薄いベールで覆って

リューズのスペシャリテです。前回はお料理の構成上、頂くことができなかったのをメートル(支配人さん)が覚えていてくださっていて、今回のコースに入れてくれました。

立派な魚沼産椎茸の下には、刻んだマッシュルーム、エシャロット、ベーコン、1番下にサクサクのパイ生地という構成で。どれも旨味たっぷりの食材ばかり。様々な旨味が複雑に絡み合う一皿に大満足です。




フランス産フォアグラのソテー 南高梅のコンフィチュール

南高梅のコンフィチュールとは、梅ジャムのようなものです。まったくクドさを感じない良質なフォアグラと甘酸っぱい梅ソースで、夏でもさっぱりと頂けます。こちらも文句なしの美味しさでした。




鮎のクルスティアン 胡瓜と生姜のコンディメント 

夏のスペシャリテです。一度骨だけ取ってローストしたものを身に戻し、薄い生地で包んで揚げられていました。ホクホクとした白身と肝の苦味がやみつきになります。和食で頂く鮎の塩焼きをフレンチとして成立させてしまった、シェフの技を感じる一皿でした。




ラカン産小鳩のロティ 季節の野菜を添えて

ハトはしっかりした弾力の赤身肉で独特の風味があり、好き嫌いがわかれると思いますが、私は好きです!添えられているお野菜は新潟県津南市のものだそうです。アスパラ、トマト、エリンギ、いんげん、素材の味がいいのはもちろん、火の入れ方が絶妙でした。




柚子のグラニテとスイカのゼリー





マンゴーとヨーグルト 紅茶のパンナコッタにカダイフを乗せて

まるで目玉焼きのように見えますが、黄身はマンゴーピューレで、白身はヨーグルトです。アールグレーのパンナコッタ、マンゴーアイスも美味しかったです。

Ryuzuのデザートは重すぎず、さっぱりいただけるのが嬉しいです。




バースデーサービス



プティ・フール

コーヒーと一緒に頂きました。


今回も前菜からデザートまで「また食べたい!」と思えるものばかりでした。CPもとてもよく、大満足です!秋、夏と来ることができたので、春と冬も是非伺ってみたいですね。



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

 ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2018/08/13

とうふ屋うかい(芝公園)

先日、42歳の誕生日を迎えました。

誕生日祝いにと、義父母から「東京 芝 とうふ屋うかい」にお誘い頂きました。



「とうふ屋うかい」

緑あふれる2000坪の敷地に立つ料亭で、東京ミシュラン一つ星のお店です。立派な日本庭園には滝があったり水車があったりと、ここが東京の中心地とは思えません。



東京タワーの敷地に隣接しているので、空を見上げるとこんな感じです。以前からとても気になっていたお店なので、今回行くことができとても嬉しかったです。

この日は、とうふ屋うかいの名物がいただける会席料理をいただきました。



アワビと錦糸瓜 ほおずき山桃 鱧寿司 海老からすみ



名物 あげ田楽

炭火で焼かれたカリカリのお揚げに甘口の田楽味噌が塗られ、たっぷりと葱をのせて頂きます。田楽味噌がとても気に入り、帰りに売店で購入しました。



お造り(石がれい、真鯛)



賀茂なすの胡麻和え

軽く素揚げされた賀茂なすと濃厚な胡麻ダレとの相性が最高です。



名物豆水とうふ




4種の国産大豆、伊豆大島のにがり、八王子大和田の水で作られた名物の豆水とうふです。豆乳で仕上げた昆布出汁も濃厚で美味しかったです。



あなご山椒焼き




じゃこ万願寺ご飯 赤だし 香の物




イチジク

いちじくのコンポートに白ワインジュレがたっぷりかかっています。甘いいちじくと甘さ控えめのジュレの組み合わせが絶妙でぺろりと頂いてしまいました。



東京の真ん中でこれだけ素晴らしい日本庭園と日本家屋を作ったのは本当に凄いですね。

2階の個室からは池や水車が回っているのが見おろせ、茅葺き屋根の向こうに高層ビルが見える不思議な眺め。非日常を体感できる素敵なお店で誕生日を祝っていただき、ありがとうございます。そして、ごちそうさまでした!

あと、とても軽くて素敵なデザインのお帽子もありがとうございます。まだまだ暑さが続くこの夏、早速使わせていただきます。





ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

 ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。


2018/08/09

黄金のハンバーグ と アメーラトマト米油ドレッシング和え




黄金のハンバーグ ガーリックレモンソース

黄金のハンバーグ」は三重松良が販売している松坂牛100%の冷凍ハンバーグで、冷凍のままフライパンで20分ほどかけて焼いています。パテにしっかり味がついているので、さっぱり味のソースでも美味しいんですが、最近お気に入りなのはガーリックレモンソース!

ガーリックレモンソースは「まいにち☆おいしい」のもりもんさんのレシピ。甘じょっぱくて、レモンの酸味もあってとても美味しく、実はもう何度もリピしています。

ハンバーグだけでなく、ステーキとも合います。もりもんさん、素敵なレシピ、ありがとうございました。




アメーラトマト 米油ドレッシングあえ

食べやすい大きさに切ったフルーツトマトと自家製ドレッシングを和え、冷蔵庫で30分ほど寝かせて完成です。ドレッシングに使うオイルは、オリーブオイル、ごま油、サラダ油、なんでもOKなんですが、今回は米油を使いました。

★アメーラートマト 米油ドレッシングあえ

🍎材料(作りやすい量)

・ネギのみじん切り 1/2本 
・たれ (醤油:お酢:米油:砂糖 = 1:1:1:1)
・アメーラートマト  3個
 
📔作り方

1.ネギのみじん切りとタレを合わせ、食べやすい大きさにきったトマトとあえる。
2.冷蔵庫で最低30分冷やしていただく。

米油はさらっと軽い口あたりで油の匂いがほとんどないため、サラダドレッシングなど直接口にするものにとても合っていると感じました。何より、体に良いっていうのが嬉しいですよね。






ガーリックライス




ココナッツのブランマンジェ

1ツ星フレンチ「AMOUR」の後藤シェフに習ったものです。パッションフルーツが手に入ったので、お料理教室で習ったとおり、忠実に作ることができました。パッションフルーツの酸味が、ココナッツミルクと生クリームで作るブランマンジェの甘さとよく合います。



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

 ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。


2018/08/06

レ セゾン(日比谷)

先月、義父の古希祝いで帝国ホテルの「レ セゾン」に行ってきました。



帝国ホテル東京のロビー

帝国ホテルの前は車で何度も通っているんですが、ホテル内に入るのは初めて。重厚感があり、ちょっと懐かしい感じも受けるロビーで、ひまわりがとてもキレイでした。




レ セゾン

帝国ホテル中2階にあるメインダイニング。ミシュランで一ツ星を獲得しているフレンチです。円卓のある個室もクラシカルな雰囲気で天井にはシャンデリアが輝いていました。



ホタテのポンポン仕立て

一口サイズのホタテの貝柱が泡状のソースに包まれています。泡の周りはドライパッションフルーツとセロリ。よく冷えたシャンパンのお供です。



カンパチとピスタチオソース

濃厚でなめらかなピスタチオソースの中には1口サイズにカットされたカンパチのお刺身が入っています。鮮魚とピスタチオの相性の良さに驚きました。




パンは計4種類いただきましたがどれも美味しかったです。奥にあるのは「パムプリー」の無塩バター。ミルクの香りが素晴らしかったです。




オマールブルーのミキュイ アーモンドとメロンのミセシェ




アーティチョーク・ポワウズラードとヘーゼルナッツ アンチョビをアクセント

アーティチョーク(=キクイモ)は絶妙なホクホク感でした。また泡のソースがとても美味しくて、パンに付けながら最後の一滴までいただきました。



鱧のロティとジロル茸 酢橘の香り

今回のコースの中で1番のお気に入りがこちらのハモです。日本の食材を上手くフレンチとして取り入れてくれて、ソースも最高でした!




リードヴォーのリソレ トンカ豆風味の甘い玉ねぎピュレと様々な野菜

ミルクだけで育った仔牛からとれる胸腺の部分です。名前は聞いたことがあったのですが、頂いたのは初めて。とろっと柔らかく、ミルキーな風味で全く癖がありません。食感的に一番近いのはふぐの白子かな。

メインディッシュが終わっても、フレンチはここからが長いんです!



ベルナール アントニーさんのチーズ(チーズワゴン)



チーズの盛り合わせ

お腹がいっぱいですが、ワインも注文したので全種類をオーダーしました。どれも美味しかったのですが、特に全く癖がないブルーチーズと、48ヶ月熟成のコンテチーズが気に入りました。



マンゴーのアイスとチョコ入りお餅

さっぱりいただけるマンゴーアイスと、お餅のような食感の生地に熱々のチョコレートが包まれたスイーツです。



メレンゲの殻に包まれた桃

サクサクのメレンゲの中には桃が隠れています。トッピングはピスタチオで透明なものはコンポートジュレ。味の変化を楽しめる一品で、最後までおいしく頂きました。




カフェとショコラ

チョコはもちろん、一番右のラズベリー味のマカロンがおいしかったです。




義父を囲んで記念写真

お店のサービスで古希にちなんで7本のローソクが立った誕生日ケーキを用意してくださいました。

ギャルソンの素晴らしいサービスはさすが帝国ホテルだなと思いましたし、本当に素敵な時間を過ごすことができました。特別な日にはうってつけのお店だと思います。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

 ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。