2019/12/05

カツズ(逗子)part2

逗子にあるイタリアンレストラン「カツズ」に行ってきました。



カツズ(Katsu's)本日のおすすめメニュー

この日は主人の誕生日だったのですが、最近行ったイタリアンの中では1番のお気に入りということで、2度目の訪問となりました。前回食べたものとはあえて違うものをアラカルトで注文してシェアしました。

前回のレポはこちら(←click)


お刺身サラダ(2500円)

お刺身は、鮮度の良い天然ヒラメと炙りヒダイです。ヒラメには粒マスタードや柚子が、ヒダイには紅葉おろしがのっています。お野菜は、トマト、大根、マッシュルーム、ルッコラ、レタス、きゅうり、紅大根などなど。ドレッシングも美味しく、とても完成度の高いサラダでした。




ズワイガニと白子の春巻き(2本で2800円)



春巻きの中身は、たっぷりのズワイガニの身と鮮度抜群の白子です。熱々でクリーミーな白子が滑らかなクリームソースのような役割を果たしていて、春巻きの皮のパリパリ感と相まって本当に絶品でした!お値段は高めですが、それでも納得です。




チョリソーと唐揚げポテトのロースト(1800円)

外はカリッと中はホクホクのポテトに、辛口なチョリソーはビールが合います。主人は運転があるので、ここでノンアルコールビール🍺注文。「最高~」と頬張っていました。




とびっきり新鮮な道産白子のスパゲッティー・ピリ辛ゆず風味(2300円)

冬はこちらのパスタを目当てに来店するお客さんも多いそうです。具材は、包丁で叩いた白子、菜の花、素揚げした銀杏。白子のクリーミーさを活かすことで、生クリームを使わなくてもクリームパスタのように仕上がるわけですね~。流石です。白子がこんなにパスタに合うとは驚きでした。




バニラ・さくらんぼの温かいソースかけ(950円)

さくらんぼのソースだけ食べると酸っぱいくらいですが、バニラアイスと一緒に食べると、びっくりするくらいよく合います。


今回もすべてが美味しく大満足でした💓。店頭でカラスミを干していて、それが気になったのですが、カラスミを注文できるのは1月以降なんだそうです。あとは、常連さんらしい方が注文していた生地が薄いピザも気になりました。またぜひ足を運びたい👣とおもいます!



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。




2019/12/01

ビストロティロワ(神宮前)&早明戦ラグビー観戦(2019)

ラグビー早明戦に行ってきました。

観戦前に、主人と同期のSさん夫妻と「ビストロティロワ」で集合。昨年初めて行って気に入ったので2年連続の訪問になりました。ミシュラン東京のビブグルマンに選ばれています。



早稲田の勝利を祈念してカンパーイ。


プチシュー  

もっちりとした生地の中にブルーチーズが練り込まれています。


人参のムースと雲丹のコンソメゼリー寄せ

甘みのあるウニ、滑らかなで口当たりの良い人参のムース、そしてコンソメゼリーの3層になっています。新鮮で良いウニでしたし、ムースとコンソメの味も良く、とても美味しかったです。


島根直送サワラのポアレ

白ワイン、魚のだし汁、エシャロットなどで作ったソースをたっぷり吸ったリゾットも添えられていました。


岩中豚バラ肉のフランボワーズビネガー煮込み

このあとにコーヒーもついてなんと2500円。夜はまだ行ったことがないのですが、ランチはとにかくすごいCPですよね。

お腹いっぱいになったところで、いざ秩父宮ラグビー場へ👣。



早稲田、明治ともに全勝で迎えた伝統の一戦。主人が大学1年生のとき以来、25年ぶりの全勝対決です。



ご覧のとおり立ち見もでるほどの超満員。この試合に勝ったほうが優勝ということでチケット入手も例年以上に大変でした。


試合の内容は、、、前半は接戦に持ち込めたものの、後半は明治に圧倒されました。早稲田はFWが弱く、スクラムで反則を取られて不利な状況に追い込まれ、次々とトライを許してしまいます。タックルも消極的だし、ラインアウトやキックでもミスが続き、良いところがありませんでした。終わってみれば7ー36の完敗でした。



来年1月11日のラグビー大学選手権決勝は、完成したばかりの新国立競技場で開催されることになりました。明治は難なく決勝まで進めるでしょう。早稲田も帝京か天理に勝って、この最高の場所で明治にリベンジして欲しいです。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2019/11/27

ロールキャベツ

気温がぐっと下がってきたので、体があたたまる煮込み料理を作りました。



ロールキャベツ

一晩寝かせて味を染み込ませたロールキャベツです。トマトベースのスープにもしっかりコクがでています。ロールキャベツのような煮込み料理はたくさん作ったほうが美味しいので、わが家で1番大きなストウブ鍋で作っています。冷凍保存も可能です。

★ロールキャベツの作り方★

🍎材料(8個分)
・キャベツの葉  (※)
・豚ひき肉    200~240g程度
・タマネギ    120g
・溶き卵      1個
・A(塩 小さじ3/4、コショウ 適量、パン粉 40g、牛乳 75cc)
・トマトソース     2缶(カゴメの完熟カットトマトetc)
・ブイヨン       1.5カップ
・バター        20g
・砂糖         大さじ1
・塩、コショウ、うまみ調味料    適量

(※)キャベツの葉は、キャベツの中心部分の葉を使った方が甘くやわらかいです。大きさが8個均等になるように葉の大きさを調整してください。(小さい葉は2枚使うなど)

📝作り方
1.大きな鍋でお湯を沸かし、塩を加えてキャベツを茹でる。芯の部分はそぎとって細かく刻む。キャベツの葉は水分をとり、一枚ずつ塩・コショウをする。
2.ボウルに、刻んだキャベツの芯(しっかり冷えたもの)、タマネギのみじん切り、豚ひき肉、卵、Aの塩、コショウ、パン粉、牛乳を入れ、よく混ぜる。
3.2を8等分し、1の葉で包み、巻き終わりを下にして、煮込み用の鍋に並べる。このとき、爪楊枝で巻き終わりをとめてもOK。
4.3にトマトソース、ブイヨン、塩、コショウ、砂糖、バター、うまみ調味料を加え、紙蓋をして弱火で50分煮込む。
5.4の紙蓋をとり、一晩寝かせる。(1日2~3回は弱火で火を通すこと。)
6.器にロールキャベツを盛り、お好みでパセリをかけて出来上がり。




チキンライス

フライパンでご飯とチキントマトソースを合わせて炒めるだけです。半熟卵に包んでオムライスにするのもオススメです。チキントマトソースは、パスタにしたり、そのままパンに乗せたりと、いろいろ応用できるので便利です。

チキントマトソースのレシピはこちら(←click)



マカデミアナッツ、クラッカー、黒オリーブ、洋梨、チーズ、生ハム、ゼミドライトマト




サニーレタスサラダ

ドレッシングは自家製です。オリーブオイル、砂糖、だし醤油、お酢を同量混ぜたものにネギのみじん切りと豆板醤をいれ、ちょっとピリ辛に仕上げました🥗。


おまけの1枚



主人のお友達に撮ってもらった写真です。ソニーの最新フルサイズミラーレスなんですが、画質の良さはもちろんのこと、常に眼にピントが合う「瞳オートフォーカス」が便利そうでした。うちの古い一眼レフだと、ピントが鼻にいってしまい眼はボケてるという失敗もよくあるんですよね😅


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2019/11/24

サワラの白味噌焼き と カブの海老詰め


サワラの白味噌焼き

下味をつけたサワラをオーブンで焼き、甘く味付けをした味噌をのせて更に香ばしく焼き上げました。

★鰆の白味噌焼きの作り方★

🍎材料(2人前)
・サワラの切り身     2切れ
・下味調味料(お酒、みりん、醤油 各大さじ2)
・白味噌         50~60g
◎砂糖          小さじ1/3
◎酒、醤油、みりん  各大さじ1/2
◎卵黄         1/2個
◎小ネギ        2本

📝作り方
1.下味調味料を合わせておく。鰆をこのタレに漬け、10分~15分置く。
2.白味噌に◎の調味料と小ネギのみじん切りを混ぜる。
3.サワラの汁気をキッチンペーパーでしっかりふき取る。クッキングシートを敷いたプレートに、サワラを並べて220度に予熱したオーブンで10分~焼く。
(身が厚い場合は15分以上)
4.白味噌を乗せ、更に5分ほど焼いたら出来上がり。




カブの海老詰め

みずみずしい蕪を丸ごと使った一品です。蕪をくり抜いて、そこに海老ミンチを詰めてお出汁で15分ほど炊きました。最後は吉野葛でとろみを付けて出来上がり。

蕪はお箸がすっと入る程度の硬さに仕上げています。餡は蕪蒸しのときと同じものですが、今回はくり抜いた蕪をすりおろしたものも加えています。

蕪蒸しのレシピはこちら(←click)。



柿の胡麻クリーム和え

細長く切り、塩でしめたニンジン、蕪(本来は大根)、キュウリ、そして柿を胡麻クリームで和えています。胡麻クリームのレシピをご紹介します。

★柿の胡麻クリーム和えの作り方★

🍎材料(作りやすい量)
・ニンジン、胡瓜、大根   各適量(※)
・練りゴマ  大さじ1
・砂糖     大さじ1
・醤油     大さじ1/2
・酒      大さじ1/2(※)
・塩      少々

※ ニンジン1/4本、胡瓜、大根はそれと同量が目安。

📝作り方
1.野菜類は全て細切りする。調味料は全て合わせておく。
2.食べる直前に和えたら出来上がり。

野菜、果物から水分がでるので、食べる直前にクリームとあえて下さい。
(※)練りゴマによってなめらかさが異なります。お酒の量で調整してください。


つきこんにゃくと人参の甘辛煮



酢蓮




栗月下(たねや)

栗を使った和菓子は大好きですが、その中でも特にお気に入りなのがたねやの栗月下(くりげっか)です。毎年買っています😍。

裏ごしした栗をそのままぎゅっと固めたような食感で、豊かな栗の風味が口いっぱい広がります。期間限定品で、2月ごろまで購入可。おすすめです!

ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2019/11/21

若鶏のフリカッセ バラーライス添え

今月から再び、「「アムール」の後藤シェフによる料理教室に通い始めました。

11月のレッスンで習った2品を復習しました。



若鶏のフリカッセ バターライス添え

フリカッセとは、乳製品を使った白い煮込み料理のことです。白く仕上げるため、具材はシンプルに鶏肉、ホワイトマッシュルーム、小玉葱のみ。鶏肉にも焦げ目を付けないよう気をつけました。

見た目はホワイトシチューっぽいですよね。ただ、ホワイトシチューはスープそのものを味わうのに対して、フリカッセのスープはあくまでメイン食材(=若鶏)を味わうためのソースです。

フリカッセもバターライスも主人の反応が良かったのでこれから頻繁に登場しそうです。




ブリのカルパッチョ・フルーツトマトソース掛け

nokkoさんのレシピで何度も作っているお気に入りの一品です。ソースはフルーツトマト、オリーブオイル、蜂蜜、ニンニク、塩、ワインビネガーを合わせたものです。




洋梨とブルーチーズのサラダ仕立て

復習の2品目は、ロメインレタスを使ったサラダです。材料はロメインレタス、クルトン、洋梨、柿、ドライクランベリー、くるみ、パルミジャーノチーズとブルーチーズ(フルムダンベール)と盛りだくさん。ドレッシングは、はちみつ、粒マスタード、バルサミコ酢、オリーブオイルを合わせて作ったヴィネグレットソースです。

このサラダも主人がとても気に入ってくれました。ロメインレタスが手に入るといつもシーザーサラダばかりになっていたので、これから重宝しそうな一品です。


おまけの写真📷



フールセック(アトリエうかい)

Aさんからの戴き物です。アトリエうかいは大好きで何度も購入していますが、こんなにたくさん種類が入っているサイズは初めてです。まだ食べたことがないクッキーが何種類もあってテンションが上がってしまいました。



パッションフルーツのジャムがアクセントのチョコレートクッキーや、ほろほろ食感が楽しいクッキーなど全部で15種類もあります。毎日少しずつ頂きながら、午後のコーヒーや紅茶を楽しんでいます。Aさん、ごちそうさまでした!



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。


2019/11/18

リューズ(六本木)2019

15回目の結婚記念日のお祝いで、「Ryuzu」に行ってきました。



2013年から二ツ星を取り続けているフレンチレストランで、伺うのは3度目。今回も『シェフのおまかせコース』(8600円(+サービス料10%))を頂きました。




BILLECART SALMON BRUT RESERVE(ビルカール・サルモン ブリュット・レゼルヴ)で乾杯しました。木村硝子のシャンパングラス、かっこいいです。




かぼちゃのスープ と グリーンオリーブのプチマドレーヌ

甘みがとても強いかぼちゃのスープ。塩気のあるマドレーヌと一緒に食べることで、その甘味を更に引き立ててくれます。



松葉ガニをホタテの旨味ジュレと共に 根セロリのクレームを添えて

とても大きなお皿なので少量に見えるかもしれませんが、結構ボリュームがあります。ズワイのほぐし身、旨みたっぷりのホタテのジュレ、根セロリの優しい香りがするクレームを一緒に頂きます。蟹とジュレだけだと和風っぽいですが、白いクレームが加わることで一気に洋風になります。味の組み合わせが素晴らしいです。




島根産 バイ貝のコンフィ パセリソースで

食べやすくカットされたバイ貝の上に、塩気のある薄切りの豚のロース肉が乗っています。ソースはパセリの風味豊かなバターソースです。貝とお肉の組み合わせは珍しいと思いますが、とてもマッチしていました。




オーディンスタール・リースリング

フルーティーでとても飲みやすい白ワインです。



新潟魚沼産 八色椎茸をタルト仕立てに ラルドの薄いベールで覆って

リューズのスペシャリテ。メートル(支配人)さんから「前回と同じになってしまいますが」と言われましたが大歓迎です。

大きな椎茸の下には、刻んだマッシュルーム、エシャロット、ベーコン、そして1番下にサクサクのパイ生地が敷かれています。ソースも美味しい!旨味たっぷりの様々な食材が複雑に絡み合う一皿です。




ハタのポワレ セリを加えた牛蒡を乗せて 焦がしバターソースで

ハタの身はしっとりプリプリ。ソースもバターのコクとレモンの酸味が合わさって、脂が乗った白身魚には相性抜群ですね。また、千切りのゴボウは今まで食べたことがない食感で、良いアクセントになっていました。




十勝ハーブ牛 ランプ肉ロティと季節の野菜のソテーを添えて

見たとおり、火の入れ方が素晴らしいです。プロの技ですね~。普通のランプは淡白で旨味の少ない部位のはずですが、こちらのランプは噛むごとにじゅわっと旨味を感じます。どうしてこんなに旨味が強いのか聞いてみたところ、熟成して水分を抜いているからというお答えでした。

また、奥に添えらている加賀野菜たちも甘みがあり、1つ1つそれぞれ味付けされていてとても美味しかったです。




梨のグラニテ

口直しのデーゼルにはさっぱりしたものが一番うれしいです。




和栗 ショコラムース 和三盆のフランとほうじ茶のジュレ 柚子のアクセントで

甘さ控えめの渋皮煮、滑らかな食感なショコラムースに和三盆フラン。栗と柚子がこんなに合うとは驚きました。



結婚記念日のお祝いということで、こんな素敵なプレートをサービスしてくれました。



プティ・フール



今回も前菜からデザートまで全てのお料理が素晴らしくて大満足でした。特に松葉ガニの一品と、ランプ肉のロティは感動ものです。CPもとても良いと思いますし、これからも足を運び続けたいお店です。



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。