2019/04/24

黒鯛のグリル・サルサベルデソース

三崎の朝市に行ってきた日の夕食です。



黒鯛のグリル・サルサベルデソース

前回の記事と同様、こちらもリストランテ濱崎のお料理教室で習った一皿です。ポイントは、たっぷりのガーリックオイル(潰したニンニクをピュアオリーブオイルで時間をかけて火を入れたもの)を使って皮目がパリッとなるように焼くこと。普段は真鯛で作りますが、今回は朝市で購入した黒鯛を使いました。

サルサベルデソースは、スイートバジル、イタリアンパセリ、松の実、レモン、ケッパー、バルサミコ酢、ハチミツ、エクストラバージンオイルをミキサーにかけたもの。




黒鯛のカルパッチョ

連日になってしまいましたが、せっかくなので生でも頂きたくてカルパッチョも作りました。




こちらの40センチ超の黒鯛が朝市では1000円でした。三崎はマグロが有名ですが、こうした近海もののお魚も手頃な値段で売られています。他には、高級魚のマハタ、アカハタ、キンメ、アオリイカ、伊勢海老などもありました。早朝5時前に到着したのですが既に人が沢山いて、高いものからどんどん売れてなくなっていきます。高級魚狙いの方は4時台に行くのがおすすめです。




空豆のニョッキとじゃがいものニョッキ

薄い緑色のが空豆のニョッキ、黄色いのがキタアカリのニョッキです。上から溶かしバターとコショウをかけ、パルミジャーノチーズのスライスを散らしています。

空豆のニョッキの材料は、サヤごと焼いて風味を閉じ込め裏ごしした空豆、蒸して潰したキタアカリ、薄力粉、摩り下ろしパルミジャーノチーズ、溶き卵、コンソメです。

ニョッキには、水分の多い新ジャガは向いていません。いまの時期ですとホクレンの「よくねたいも」がオススメです。「よくねた」シリーズのジャガイモは、窒素や二酸化炭素の量が調整された倉庫で低温貯蔵されていて、糖度がとても高くねっとりとした仕上がりになりますよ。




フルーツトマトと水牛モッツアレラチーズのスープ仕立て

前日に冷製カッペリーニで合わせたトマトスープと同じスープです。それを今回は水牛モッツアレラチーズと一緒にいただきました。




デッレローゼ サルバトーレ コルソ モッツァレラ ディ ブッファラDOP

こちらが今回使ったイタリアから空輸された水牛モッツァレラです。水牛独特の濃厚なミルキー感。弾力があって噛むとジュワっとあふれ出します。

予約してから空輸される商品のため、注文してから2週間ほどかかります。お値段はかなり高めですが(250gで2835円)、来月になったら、また堀田のトマトと合わせてお取り寄せしたいと思います。



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2019/04/22

フルーツトマトの冷製カッペリーニ

今年も「青果の堀田」の小粒完熟とまと(フルーツトマト)をお取り寄せしました。


フルーツトマトの冷製カッペリーニ

「リストランテ濱崎」の濱崎シェフのレシピで、毎年作っています。トマトソースの材料は、堀田の小粒完熟トマト、エクストラバージンオイル、ゲランドの塩のみ。トッピングしているリコッタチーズとバジルソースも手作りです。

このお料理の1番のポイントは、パスタを氷水で締めたあと水気を完全に取りきることです。キッチンペーパーを何枚も使って、パスタの表面がベタベタするくらいまで水気をきってください。そのくらいまでしないと麺とトマトソースが馴染みません。




天然ブリのカルパッチョ

先日開催された日本橋三越のイタリア展で、とても美味しいバルサミコ酢を見つけました。「ホワイトバルサミコ・ディ・モデナ・ビオ」というものです。

今回は天然の春ブリに、そのホワイトバルサミコとイオエクストラホワイトオリーブオイル、ゲランドの塩、蜂蜜、ライムをあわせたて作ったソースをかけて頂きました。



ラム肉のハーブ焼き

イタリアンハーブソルトで下味をつけてから、ロッジのスキレットで焼き上げました。焼き過ぎは厳禁で、中はピンク色に仕上げています。


タケノコとアスパラガスのサラダ

タケノコとアスパラガスはバターで炒めています。他には塩茹でした空豆、ベビーリーフ、鴨の生ハム、パルミジャーノチーズを合わせました。



「青果の堀田」の小粒完熟トマト(フルーツトマト)🍅

トマトというと夏のイメージかもしれませんが、フルーツトマトは4~6月が旬になります。これからがベストシーズンですので、興味のある方はぜひお試しください。





ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2019/04/20

チンジャオロース と バンバンジー

久しぶりに中華にしました。



青椒肉絲(チンジャオロース)

欣喜の料理教室で習った醤油ダレを使ったチンジャオロースです。細切りにした牛肉は下味のタレで揉み込み、半日寝かせているので、とても柔らかく仕上がっています。



味噌餃子

隠し味に味噌が入った、うちの定番餃子です。ポイントはお肉の下味をしっかりつけること、タネを冷蔵庫で1時間ほど寝かせることです。



棒々鶏(バンバンジー)

自家製、ピリッと辛い胡麻ダレのレシピです!

★棒々鶏(バンバンジー)の胡麻だれの作り方★

🍎材料(2人分)
・練りごま、醤油、砂糖 各大さじ2
・酒・鶏のゆで汁 各小さじ1
・豆板醤 小さじ1/4
・酢 小さじ1/2
・ネギのみじん切り 1/4本、生姜・ニンニクのみじん切り 各小さじ1/2
・すりごま 大さじ1~

📝作り方
上記調味料をすべて合わせてよく混ぜたら出来上がり。




大根の醤油漬け

こちらも欣喜のレシピで、何度もリピしています🙂。




スカイベリー

とても大粒で色鮮やか!酸味が少なくて甘味の強いジューシーなイチゴ🍓でした。




ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2019/04/17

マイワシのマリネ と マイワシのジェノベーゼスパゲッティ




マイワシのマリネ

新鮮な真イワシをオレンジとレモンの絞り汁でマリネし、塩、胡椒、オリーブオイルで味を整えました。鮮度が命の一品です!




マイワシのジェノベーゼスパゲッティ

スパゲッティを茹で上げた後、自家製パジルペーストを絡めています。さっと炙った松の実とフライパンでパリッとソテーしたイワシをトッピングして出来上がり。




獲れたてのイワシはとても綺麗!しかも漁協の直売所だったので、1尾20円というありえない価格でした😁。超新鮮なイワシだと、包丁もまな板もほとんど臭いません。




ホタテ稚貝の香草パン粉焼き

いわゆるベビーホタテですね。殻を外して2分くらいオーブンで焼き、さらに香草パン粉をかけて軽く焦げ目がつくくらいに焼いています。小さいですが旨みはたっぷり!お値段も1つ10円くらいです。

今回は香草パン粉のレシピをご紹介します。

★香草パン粉のレシピ(作りやすい量)★

🍎材料

・パン粉               大さじ4
・にんにくのみじん切り        小さじ1
・イタリアンパセリのみじん切り   大さじ1
・オリーブオイル            大さじ2
・パルミジャーノ・レッジャーノ    大さじ1.5
・塩、コショウ             各適量

📝作り方

1.すべての材料をよく混ぜたら出来上がり~。

パン粉は市販のものでもOKですが、お気に入りのバケットをバーミックス等で砕くと風味の良いパン粉に仕上がります。




ロメインレタスのタルタルサラダ

ハイカロリーになってしまいますが、レタスとタルタルソースの相性は抜群です。プチトマトはアメーラルビンズです。




ココナッツのブランマンジェ

去年通っていたお料理教室(広尾・アムール)で習ったものです。ココナッツミルクと生クリームで作るブランマンジェにキウイフルーツソースをかけ、小さなイチゴ🍓を乗せました!



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。


2019/04/15

帆立貝柱のフライ




帆立貝柱のフライ

中粒サイズの生の貝柱をフライにしました。生の大粒が手に入れば大粒のほうが良いですが、なかなか入手困難ですね。添えているのは、自家製タルタルソースです。今回はタルタルソースのレシピをご紹介します!

★タルタルソースの作り方★

 🍎材料(作りやすい量)

・ゆで卵(固め)            1個
・玉ねぎ(みじん切り)        20g(1/10個分くらい)
・キュウリのピクルス(みじん切り) 大さじ1~1.5
・ケッパー(塩漬け) (みじん切り) 3粒程
・マヨネーズ              大さじ3
・塩、胡椒、パセリ

📝作り方

1.殻をむいたゆで卵をボールに入れ、フォークで粗く潰す。
2.水にさらし水気を切った玉ねぎとピクルス、マヨネーズを加え、よく混ぜ、最後に塩、胡椒で味付けをする。色どり用に、パセリのみじん切りを加えたら出来上がり。


ピクルスの味に差があると思いますので、マヨネーズ、塩、胡椒の量は調整してください。タルタルソースは、ホットサンドやサラダの具材としてもおすすめです。




おかひじきの肉味噌和え




白菜の浅漬け




アサリのお味噌汁


おまけの写真📷



あも(桜)叶匠壽庵

定番の「あも」ではなく、旬の素材を使った“旬あも”シリーズの桜バージョンです🌸。求肥に大島桜の塩漬葉が練り込まれていて、小豆の甘みを引き立てくれています。濃いめに入れた緑茶と一緒に頂くと最高です。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。



2019/04/12

タコス

お昼に外食をした日の夕食です。手軽でお野菜たっぷりとれるメキシカン料理、タコスを作りました。



タコス

フライパンで炙ったトルティーヤに、濃いめの味付けをしたタコミートと、酸味のきいたサルサ、レタス、チーズを好きなだけ入れて、最後にライムを絞って頂きます!



(右奥より)レタス、ピザ用チーズ、サルサ・メヒカーナ(フレッシュトマトのソース)、ワカモーレ(アボカド)、タコミート、トルティーヤ

サルサ・メヒカーナは、トマト、ピーマン、紫玉ねぎをみじん切りにして和え、塩、胡椒、蜂蜜で味付けをし、最後にライムを絞りました。

ワカモーレは、マッシュしたアボカドとみじん切りにして水にさらした玉ねぎをよく混ぜ、レモン汁、塩で和えたもの。

タコミートは、豚ひき肉、玉ねぎ、にんにくのみじん切りをフライパンで炒め、トマトケチャップ、中濃ソース、スパイス(クミンパウダー、パプリカ、カイエンペッパー、チリパウダー)、塩、胡椒で味付けをしています。



ソーセージ



ホウレンソウとポーチドエッグのサラダ



かぼちゃのスープ




ビスコッティを焼きました。イタリア語で「ビス」は2度、「コッティ」は焼くという意味だそうで、2度焼きしてカリカリに焼き上げた堅い食感のお菓子です。



チョコレートとアーモンド入りビスコッティ

★チョコレートとアーモンド入りビスコッティの作り方★

🍎材料(作りやすい量)
・卵 1個
・砂糖 50g
・塩 小さじ1/2
・アーモンドプードル 50g
・薄力粉 100g
・BP 小さじ1/2
・アーモンド 30g
・チョコ   50g
・ドライフルーツ(あれば) お好みの量
・米油      大さじ1

📝作り方
1.ボウルに、卵、砂糖、塩を入れ、泡立て器でざっくり混ぜ、米油も加える。
2.ビニール袋に薄力粉、ベーキングパウダーを入れて空気を入れて振る。
3.2を1のボウルに入れてゴムベラで切るように全体を混ぜ、そこにアーモンド、チョコを割り入れる。
4.天板にクッキングシートを敷いて粉(分量外)を敷き、まとめた3の生地を薄く楕円形に伸ばす。
5.180度の予熱したオーブンで15分焼いたらカットする。断面を上にして、160度のオーブンで10分焼いたら、更に上下をひっくり返し10分焼いて出来上がり。


米油でつくる簡単パン&スイーツ
米油でつくる簡単パン&スイーツ



カリカリのまま頂くのも良いですが、カフェラテに浸して少しふやかして食べるのも美味しいですよ!





ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2019/04/10

庭つ鶏(葉山)

葉山にある鶏料理のお店に行ってきました。



庭つ鶏(にわつどり)

葉山の134号線沿いにある鶏料理専門店です。海のすぐそばで、車を降りた瞬間に磯の香りがしました。ミシュランガイドでもビブグルマンとして掲載されています。




店内は広々として、店内全席禁煙なのが嬉しいです。駐車場はお店の前に4台分用意されています。


この日は初めての訪問だったので、店主おすすめメニューを中心に頂きました。



砂肝山椒煮(お通し)



鶏の刺し身盛り合わせ(1540円)

お店の看板メニューです。胸肉、ササミ、モモ、セセリをお醤油でいただきます!生の鶏肉は初めて頂きましたが、鮮度抜群で全く臭みがなく、ねっとり感が最高でした。これは必ず食べるべき一品です👍。



ささみ焼き(550円)




皮パリもも焼き(930円)

こちらはポン酢醤油で頂きました。皮はパリパリというよりはシャリシャリした初めての食感で、レアに焼かれたもも肉も弾力があって美味しかったです😀!



合鴨ロースト ハーフ(900円)

おすすめメニューには合鴨もありました。味付けはシンプルに塩コショウのみで、粒マスタードをたっぷりつけていただきます。



皮一枚揚げ(650円)

薄いおせんべいのようなパリッとした食感です。塩が強めにかかっていて、お酒のお供にもピッタリ。主人はノンアルコールビール、私は生グレープフルーツサワーが進みました🍺!



せせり2本(420円)

セセリとは首の部分のお肉で、プリプリとした弾力があります。脂が多く、口に入れると肉汁が溢れてきます。




そぼろ玉子掛けご飯(510円)




〆の出汁スープ



これだけ新鮮な鶏肉がいただけるのは、店主みずからニワトリを捌いているからです。味だけでなくCP的にも大満足!人気メニューの唐揚げや冷やし中華など食べてみたいものが他にもあるので、またぜひ足を運びたいとおもいます。




ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。