2019/09/15

松茸のフライ




立派な松茸が手に入ったので、今シーズン初の松茸料理を作りました。




松茸のフライ

そこそこ大きな松茸だったため、4つに裂いて普通のフライの要領で揚げました。揚げても香りは飛びませんしシャキッとした歯ごたえを堪能できます。普通にソースでも美味しく頂けますし、ゲランドのお塩と酢橘を絞っても良いです!



松茸とほうれん草お浸し

京味(西健一郎さん)のレシピで、2人前で松茸を1本使う贅沢な一品です。

松茸に塩を軽く振って網焼きにして手で裂き、さっと茹でたほうれん草と和えています。タレは、一番ダシ、醤油、砂糖、柚子1個分の絞り汁です。(砂糖は本来は入りませんが、ちょっとだけ加えています。)

素焼きした松茸を手で裂く際、最高に良い香りがして、毎回つまみ食いするのをぐっと堪えています(笑)。




秋鮭の幽庵焼き

柚子、醤油、酒、みりんを合わせたタレに3日間漬けた鮭を、グリルで焼きました。頂くときは、スダチをちょっと絞るのがオススメ。秋を感じる一品です。

★鮭の幽庵焼きの作り方★

🍎材料(2人前)
・生鮭  2切れ
・たれ
 みりん   25cc
 酒      25cc
 鎌田のだし醤油   50cc
 砂糖    小さじ1/2
 ゆず  1個
 (この時期のゆずはまだ小さいので1つ。冬至の頃の大きさであれば1/2個)
・すだち 適量

📝作り方
1.輪切りにしたゆず、たれの調味料を全てあわせておく。
2.生秋鮭を食べやすい大きさに切り、1のたれに一晩つける。
3.汁気を切った後、魚グリルでこんがり焼き色が焼いたら出来上がり。お好みでスダチを添える。




松茸と天使の海老のお椀

具材は松茸と天使の海老です。一番だしを沸かし塩と薄口醤油で味を整え、松茸を加えたらすぐに火を止め、予熱で火を通します。天使のエビは葛粉をまとわせてから、別の昆布だしでさっと煮ることで、海老の旨味を閉じ込めました。

お出汁を使い分けるなど、手間はかかりましたが、松茸の風味がお椀全体に行き渡って至福の一杯になりました😀。



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2019/09/12

ボロネーゼ リガトーニ

日曜日に「噂の東京マガジン、やって!TRY」でミートソースを観て、、、その翌日の夕食です(笑)。



ボロネーゼ リガトーニ

濱崎シェフのレシピをベースに作っています。合い挽き肉をしっかり炒めたあと、ポルチーニを加え、トマト缶、グラニュー糖、塩コショウ、コンソメで味を整えます。その後、生クリームとバターを加えて濃厚ながらもまろやかな味に仕上げました。パスタは濃厚なソースが合うリガトーニを使いました。




キノコのマリネ

今回はエリンギのみで作りましたが、椎茸やマッシュルーム等と一緒に作っても美味しいです。マリネ液はひと煮立ちさせてからキノコとからめ、しっかり味付けするのがポイントです。

★キノコのマリネの作り方★

🍎材料(作りやすい量)

・エリンギ 大3本
・にんにくの薄切り 1片分
・米油   大さじ1
・タレA  オリーブオイル 大さじ1、砂糖 大さじ2
・タレB  白ワインビネガー 大さじ2、醤油 大さじ3、コンソメスープ 50cc
・輪切りの唐辛子 ひとつかみ

📝作り方
1.エリンギは石突きを取り除き、食べやすい長さに切る。
2.フライパンを中火にかけ、米油、にんにくを入れる。にんにくの香りがしたら、1のエリンギを入れ、全体に油が回るまで炒め、バットに取り出す。
3.2のフライパンにタレAを加え火にかける。砂糖が溶けたら火を止めBを加え混ぜる。再び中火にかけたら2を戻し入れ、煮立てながら煮含める。
4.冷蔵庫で一晩寝かせたら出来上がり。




ワイン🍷のお供(人参サラダ、チーズ、ピスタチオ、生ハム、自家製鴨ロース、オリーブ)



サラダ(サラダ菜、アメーラルビンズ、アボカド、蒸し鶏)





サク ラング・ド・シャ  ルビー(ISHIYA GINZA)12枚入り 1296円

「白い恋人」でおなじみの石屋製菓が手掛ける東京限定ブランド「ISHIYA GINZA」。このお店の看板商品「サク ラング・ド・シャ」にルビーが加わったと話題になっていたので購入してみました😀。

ミルク、ダーク、ホワイトに次ぐ第4のチョコと言われているルビーチョコを、ココア風味のラングドシャで挟んであります。

食感は白い恋人とほぼ同じで、甘酸っぱさのあるフルーティーなルビーチョコも美味しいです🍫。ただ、このチョコにはココア風味じゃなくて普通の白いラングドシャのほうが合うんじゃないかなぁ。

ちなみに、2年前にオープンしたときは1時間ほど並びましたが、いまは行列なしで買えますよ。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2019/09/09

いくら丼 と 鴨ロース

今シーズン初のイクラの醤油漬けを作りました。



いくら丼

炊きたてごはんの上に自家製イクラの醤油漬けをたっぷりのせました。皮が薄くて、とても良いイクラでした。わが家の醤油漬けは、醤油は使わず、にんべんのつゆの素を使っています。

※漬け汁(にんべんのつゆの素 50cc、水 50cc,砂糖 小さじ1/3)




鴨ロース

自家製の鴨ロースです。そのまま食べても美味しいのですが、ちょっと味に変化をつけるために、ラズベリーのペーストと粒マスタードを添えています。

鴨ロースのレシピはこちら(←click)。


万願寺とうがらしの焼きおひたし

万願寺とうがらしを直火で軽く焼き目をつけ、お浸しにしました。トッピングしたパルミジャーチーズのスライスと鰹節により塩気と旨味が加わります。



高野豆腐



茶碗蒸し



揚最中(中里菓子店)(6個入り1236円)

大丸東京で購入しました。ごま油で揚げた最中の塩味とつぶ餡の甘さのバランスが絶妙です。トースターで温めると最中がパリッとした食感になってより美味しくなりますよ。





ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。



2019/09/05

渡り蟹のトマトクリームリングイネ

大きな渡り蟹を使ってパスタを作りました。



渡り蟹のトマトクリームリングイネ

ワタリガニのミソが入った濃厚なトマトソースのパスタです。トマトの水煮缶はザルで濾し、滑らかなソースになるように仕上げています。リングイネはきしめんのような形の平打ちパスタで、もちもちとした弾力が特徴。濃厚なソースと良くあいますよ。


★渡り蟹のトマトクリームリングイネの作り方★

🍎材料(2人前)
・渡り蟹         大1尾
・トマトの水煮缶     1缶※
・ニンニク        1片
・玉ねぎのみじん切り  1/2個分
・赤唐辛子        1本
・白ワイン          大さじ2
・グラニュー糖      大さじ1
・生クリーム       100cc
・バター          10g
・オリーブオイル     適量
・塩、コショウ       適量
・リングイネ      120g

※トマトの水煮缶は一度ザルで濾してなめらかにしておきます。

📝作り方
1.渡り蟹の下処理をする。ふんどしと呼ばれる部分を取り除き、甲羅を外す。次に砂袋とガニ(エラ)を取り除く。ダシが出やすいように、蟹の足を1~2本ずつに切り分け、包丁の背で叩いて殻を割っておく。(軽くヒビが入る程度でOKです)。身は可能な限りほぐしておく。
2.フライパンにオリーブオイルを入れ、玉ねぎのみじん切りをしんなりするまで炒める。その後、弱火にしてニンニクのみじん切りと赤唐辛子を加えて1分ほど炒める。
3.渡り蟹を加えて軽く炒めた後、白ワインを加え、フタをして2~3分蒸し焼きにする。トマトの水煮缶を加え、半量になるくらいまで煮込んで、グラニュー糖、バター、生クリームを加える。(ここで、渡り蟹の殻を取り除いておく)
4.3に茹で上がったパスタ麺を入れて全体を絡め、塩、コショウで味を整えたら出来上がり。





今回使った千葉県産のワタリガニです。初めて見るくらいのビッグサイズで身もたっぷり入っていて食べごたえがありました。





黒毛和牛 シャトーブリアンのローストビーフ

自家製です。冷蔵庫から出して冷たいうちにカットし、しばらく置いて常温で頂くとトロけるような食感になりますよ。




カプレーゼ

モッツアレラチーズは花畑牧場のもの。スーパーなどで手軽に手に入るモッツアレラチーズの中では一番気に入っています。



とうもろこしの冷製スープ

今回もゴールドラッシュをつかいました。トウモロコシの芯からでる出汁を使って作るスープのレシピはこちら


おまけの写真📷



ラクテシトロン(756円)とモンブラン(756円) 銀座和光

左のラクテシトロンは、レモンムースとタルト仕立てのミルクチョコレートを組み合わせたケーキです。初めて食べるお味でしたが、レモンの爽やかな酸味がアクセントになって美味しかったです。

右のモンブランは、土台がメレンゲではなくスポンジ。いま流行りの生クリームがたっぷり入ったものではなく、栗ペーストがメインでした。




ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。



2019/09/01

焼き茄子と豚ひき肉のそぼろ餡掛け

「すかなごっそ」でお野菜をたくさん買ってきた日の夕食です。



焼き茄子と豚ひき肉のそぼろ餡掛け

多めの油でしっかり焼いた水ナスと甘ダレを絡ませています。甘ダレは出汁 50cc、砂糖 大さじ、出汁醤油 大さじ1、みりん 大さじ1/2、酒 大さじ1/2を鍋で煮立てて、最後に片栗粉でとろみをつけたもの。余っていた豚ひきも使ったので、ご飯がすすむ一品に仕上がりました。


鯵の南蛮漬け

酸味があってサッパリと頂ける南蛮漬けです。お野菜は、玉ねぎ、紫玉ねぎ、ニンジン、ピーマン、赤パプリカ、黄パプリカです。

酸味がまろやかな、南蛮漬けダレのレシピをご紹介します。

★南蛮漬けダレの作り方(作りやすい量)★
🍎材料
・出汁 100cc
・米酢   50cc
・砂糖   大さじ2.5
・味醂    大さじ1
・出汁醤油  大さじ1
・薄口醤油  大さじ1
・鷹の爪   小1本

📝作り方
・全ての調味料を鍋に入れ火にかけ一度沸騰させる。

下処理をして小麦粉をまぶしたアジを油で揚げ、すぐにタレに漬けるのがポイントです。


金時草のおひたし

加賀野菜ですが、三浦でも栽培されていて初めて購入してみました。茎の部分は独特の風味と苦味があり、葉の部分はワカメのようなぬめりがあります。面白いお野菜でした。




お揚げの甘煮


おまけの写真📷



特大6Lサイズ、重さ13kgもある尾花沢スイカ🍉です。

レオもスイカ大好きなんですよ~。あげるのは皮に近い方だけですけど~😆




ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。


2019/08/29

珊瑚礁(鎌倉)

鎌倉市七里ヶ浜にある「珊瑚礁 モアナマカイ店」に行ってきました。



134号線沿いにある人気カレー店で、七里ヶ浜の海が目の前という最高のロケーションです。


涼しく心地よい夜風だったので、海を望むテラス席にしました。写真中央に見えているのは江ノ島です。女性店員さんはムームーを着ていて店内もハワイアンテイストでおしゃれな雰囲気でしたよ。

初めての訪問だったので、看板メニューと人気メニューを選びました。



シーフードサラダ(1700円)

貝殻の器のなかには、野菜よりシーフードが主役と言って良いほど、ボリューム満点の魚介類(サーモン、イカ、タコ、マグロ、エビ、サバ)が入っていてドレッシングも美味しかったです。2人でシェアしてちょうどよいくらいの量です。



キーマーカレー(1250円)

珊瑚礁の看板メニューでもあるキーマカレーはレトルトで食べたことがあったんですが、やはりレトルトとは全然違いました。バターのコクとスパイスの奥深い味わいが楽しめるルーがとても美味しかったです!チーズとドライトマトも味に変化を加えてくれます。



シーフードミックスカレー(1700円)

1番人気だというこちらのカレールーは魚介のエキスをとても強く感じました。具材のエビやホタテも美味しくて、完成度の高いカレーでしたが、どちらかというとキーマのほうが好みかな。

あと、カレーのご飯の量がかなり多いです。主人も次回は「ごはん少なめ」にしてもらうと言っていました。

雰囲気の良い素敵なお店でした。湘南ドライブをした際にまた立ち寄ってみたいと思います。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2019/08/26

酢豚 と 回鍋肉

久しぶりに中華にしました。



酢豚

こちらは以前テレビで紹介されていた赤坂四川飯店の陳建太郎シェフのレシピで、何度もリピしています。隠し味にグレープフルーツの絞り汁を使っています。



回鍋肉(ホイコーロー)

お料理教室(欣喜)のレシピです。中温の油で肉と野菜類(キャベツ、葱、ピーマン)はすべて火を通し、一旦取り出します。その後、フライパンで調味料と一気に炒め合わせて出来上がり~。この作り方だと、お野菜から水分が出ることなくシャキシャキに仕上がります。



空芯菜のオイスター炒め

小口切りにしたネギを胡麻油で15分かけてじっくり炒め、甘みを引き出します。そこにシラスを加え、更に5分ほど炒め、豆板醤、ニンニクを加え、香りがでてきたら空芯菜を投入。強火でさっと炒め、オイスターソースと砂糖で味付けをしています。

空芯菜は「すかなごっそ」で購入。シャキシャキとした歯ごたえで、すごく良い空芯菜でした。


おまけの写真📷



ワンコ写真のリクエストがあったので、主人のスマホにあったレイの写真を転送してもらいました~。レオも元気ですよ~🐕。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。