2021/10/14

味噌餃子 と 青椒肉絲

「マツコの知らない世界」で餃子の回をみてたら、無性に餃子が食べたくなって作っちゃいました~。


味噌餃子

隠し味程度にお味噌が入っている餃子で、わが家の定番メニューです。餃子のタレは最近「酢胡椒」がお気に入り。酢胡椒というのは米酢に胡椒をたっぷり振りかけただけのものなんですが、肉汁たっぷりの餃子でもさっぱり頂けます😋。

主人はアサヒのビアリー、私は檸檬堂の鬼レモンで!アルコール度数はビアリーは0.5%、鬼レモンは9%です(笑)

味噌餃子レシピはこちら(←click)。


青椒肉絲(チンジャオロース)

欣喜のレシピです。牛肉は下味のタレで揉み込み、半日寝かせているので、とても柔らかく仕上がっています。


肉味噌とおかひじき

さっと茹でたおかひじきと自家製の肉味噌で和えました。クセがなくて淡白のおかひじきと、ピリ辛の肉味噌がよく合います。

★肉味噌の作り方★
🍎材料(作りやすい量)
・豚のひき肉    100g
・にんにく、生姜   各1片
・長ネギ       1/2本
・豆板醤       小さじ1/3
・味噌だれ(味噌 大さじ1弱、砂糖 大さじ1/2、みりん・酒、だし醤油 各小さじ1)
・水          大さじ2
・千鳥酢(or米酢)  大さじ1/2~
・醤油         少々

📝作り方
1.味噌だれはの調味料を全てあわせておく。
2.にんにく、生姜、長ネギはそれぞれみじん切りにしておく。
3.フライパンにサラダ油を熱し、にんにく、生姜、豆板醤を炒め、香りがでたらひき肉を加え、ぽろぽろになったら、長ネギを加える。
4.3に水、味噌だれを加え、全体がなじんだら酢と醤油で味を調えるたら出来上がり。


***************************

先日 レシピブログさんから「花王キュキュット あとラクミスト」と「花王キュキュット Clear泡スプレー」をプレゼントしていただきました。


実は左の「あとラクミスト」のほうは既に常用していて、ベタベタな鍋や器でも洗い物がラクになります!


レイ用の鶏ガラスープ。


「鶏ガラスープ、美味しかったワン💓」


鶏ガラの脂やワンコの唾液のヌルヌルって洗い落とすのがなかなか大変なんですが、あとラクミストをスプレーし10分くらい放置しておくと、水で洗い流すだけできれいになります!

人間用の器はほとんど食器洗い機にかけてしまいますが、わんこ用の器は手洗いなので、このスプレーのおかげでとても助かってます。


「フーディストアワード2021レシピ&フォトコンテスト」参加中
フーディストアワード2021☆レシピ&フォトコンテスト
フーディストアワード2021☆レシピ&フォトコンテスト



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。


2021/10/11

晴山(三田)2021秋

港区三田にある「日本料理 晴山」に行ってきました。


義母の誕生日で本当は6月に伺う予定でしたが、お店側にアクシデントがあり延期に。真夏よりは秋のほうが良いかなということで、10月の訪問になりました。

今回もおまかせコース18000円(税サ込)を頂きました。


カマスと白舞茸 土佐酢ジュレ

軽く炙ったカマスは外は香ばしくて暖かく中は冷たい生の状態。白舞茸、香りが抑えられた春菊もジュレとよく合っていました。


松茸と毛ガニの真丈椀

晴山のお出汁は塩加減が絶妙。また毛蟹真丈の甘いこと😍。今回も至福の一杯でした。


アオリイカと氷見の迷い鰹

アオリイカは背側の薄皮を削ぎ切ってあり、甘さをより引き立てています。プロの技ですね~。迷いガツオは目を瞑って食べたらカツオだとわからないくらい匂いがありません。皮目にはしっかり脂があるのですが紅葉おろしとポン酢でサッパリと頂けました。最高です😍。


朴葉を開けると、、、、、


うなぎの燻焼きと栗おこわ

岐阜中津川の栗おこわに、浜名湖の鰻をのせて朴葉蒸しにされていました。


鰆の西京焼きとほうれん草の胡麻和え


天恵菇の天ぷら

天恵菇(てんけいこ)とは旨味の強いジャンボ椎茸のこと。普通のシイタケに比べて旨味成分が3倍も多く含まれているそうです。椎茸自体はみずみずしいまま衣はサクッと揚がってました😋。


佐賀牛と蓮根もちの葛粉餡

佐賀牛はちょっと脂が多かったかな。蓮根餅はもっちり食感で甘みもあってとても美味しかったです。葛粉餡も最高😍


福井県産の新米

あきさかりとミルキークイーンのブレンドだそうです。普段は炊き込みごはんなのですが、新米が美味しい秋は白米になります。


いくら、数の子、いか、ぶりなどを合わせた海宝漬け


この組み合わせ😍。日本人に生まれてよかった~、ってしみじみ思っちゃいます😆。


無花果と本和香糖のプリン

プリンは結構甘口なんですがイチジクはそれほど甘くなくて、全体のバランスが良いデザートでした。


義両親も喜んでくれて良かったです。すべて完食してスマホを見たら、変電所の火災でJRが止まっているという速報が😲。地下鉄は問題なく動いているようでしたので義両親を青山一丁目駅まで送っていきました。イタリア大使館、六本木ヒルズ、青山霊園の前を通りつつ。日曜日は道路も空いているのであっという間でした。



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2021/10/07

帆立貝柱の海藻バター焼き


帆立貝柱の海藻バター焼き

8月に「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」で頂いたホタテ貝のミ・キュイ 海藻バターと共に(←click)を自宅で再現してみました~。大きな貝柱と海藻バターさえ手に入れば簡単に作れます。


ボルディエ バター オ・アルグ(海藻) 125g (1880円)

ロブションで使われている海藻バターと同じものをお取り寄せしました。ネットが確実ですが、紀ノ国屋でも扱っているらしいです。


岩手県産の帆立貝柱。1粒60gオーバーの超特大サイズ😆。


海藻バターで貝柱をソテーしていきます。今までお料理教室で習ってきたことを思い出しながら、指で弾力を確認し、ミキュイ(半生)状態に仕上げました。海藻バターソースは、ボルディエの海藻バターを加熱して、みじん切りにしたハーブと合わせるだけです。

主人も「これは凄い!!」ととても喜んでくれました😋。材料さえ手に入れば簡単に作れる一品ですので、ぜひお試しください。


白エビのフリット

富山湾の宝石と呼ばれる白えび。ひげを切り取ってフリットにしました。カリカリの食感と白エビならではの甘味が最高です😍。


3種のチーズ

パルミジャーノチーズ24ヶ月、フォレストスモークチーズ、ブルサンのチーズ


サラダ菜、ミニトマト、生ハム、味付け卵、玉ねぎ、ニンジン、エリンギのサラダ


松茸のリゾット

余っていた松茸1本を使いました。そろそろ新米に切り替わる時期ですが、リゾットには水分の少ない古米が適しているため、余った古米を美味しく消費する意味でもオススメです。

★松茸のリゾットの作り方★
🍎材料(2人前)
・松茸          大1本
・お米          120g
・タマネギみじん切り 大さじ2
・バター         10g
・白ワイン        大さじ2
・ブイヨン        300~350cc
・生クリーム      大さじ2
・パルミジャーノ    適量
・オリーブオイル

📝作り方
1.食べやすい大きさに手で裂いた松茸を、オリーブオイルでさっと炒め、一旦取り出す。
2.1の鍋にバターを入れ、バターが溶けたらタマネギを加える。塩をひとつまみ入れてよく炒め、タマネギがしんなりしたら、お米も入れて更によく炒める。
3.お米が透き通ったらワインを加え、熱々のブイヨンを250cc加え、静かに煮立つ程の火加減にする。
3.水分がなくなったら残りのブイヨンを数回にわけ加え、時々鍋を揺らしながら火を通す。
4.少し芯が残る程度になったら、生クリームと摩りおろしたパルミジャーノを加え、最後に1の松茸を戻し入れる。
5.器にもり、お好みでパルミジャーノチーズを擦りかけたら出来上がり。

ブイヨンを加えるときは、フライパンの温度を下げないように熱々の状態で入れるのがポイントです。



ミルフイユ・ヴァニーユ(フレデリック・カッセル)864円

パリが本店で、国内では銀座三越と広尾のアトリエのみで購入できるミルフィーユです。食べログを見ると「日本一のミルフィーユ」と絶賛している方が多かったので買ってみました。

キャラメリゼされたパイ生地の食感がカリカリで、タヒチバニラをたっぷり使用しているというクリームは程良い甘さでとてもなめらか。バニラ本来の深みある風味が口いっぱいに広がり、大満足でした😍。これはまたリピしたいです!




ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。







2021/10/04

松茸の土瓶蒸し と 松茸とネギのお浸し


松茸の土瓶蒸し

松茸を使う料理のなかで主人が1番好きなのは土瓶蒸しです。主人にはいつも通り2瓶用意しました!

レシピはこちら(←click)。


松茸とネギのお浸し

塩をふり、グリルで焼いた松茸を手で裂き、ネギのみじん切り、一番だし、薄口醤油、砂糖、すだちの絞り汁で和えました。こちらも秋は毎年つくっています。




ブリのみぞれ煮

今秋の北海道はサケは獲れないけど、ブリはとても豊漁だそうで値段もお手頃です。塩麹で下味をつけた天然ぶりをみぞれ煮にしました。ブログで紹介するのは初めてかもしれませんが、美味しいですよ~😁。

★ブリのみぞれ煮の作り方★

🍎材料(2人前)
・ブリ           2尾
・塩麹(ぶり下味用)    適量
・大根おろし      3cm分(お好みで)
・だし醤油、みりん  各大さじ2
・はちみつ      大さじ1
・ごま油      適量
・小ねぎ       適量

📝作り方
1.ぶりは塩麹を塗って一晩置く。
2.大根をすりおろし、軽く水気を切ったものと、調味料(出汁醤油、みりん、はちみつ)を合わせておく。
2.ごま油を引いたフライパンで、1のぶりを入れ焼く。大好みで輪切りにした小ねぎをちらしたら出来上がり。


ヤリイカと三つ葉のごま酢和え


冬瓜の浅漬け



映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を観てきました🎥。今回は監督が日系4世で映画の冒頭からニッポン要素が盛りだくさんです。あと、007で毎回思うのがロケ地の素晴らしさ。美しい風景のなかをアストン・マーチンで疾走するのは良いですね~😍。ダニエル・クレイグ版のボンドはこれで見納めですよ~。



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2021/10/01

帆立と芝海老のクリームコロッケ


帆立と芝海老のクリームコロッケ

義母から教わった蟹クリームコロッケのレシピをベースに、帆立の貝柱と芝海老でコロッケを作りました。
ソースは市販のとんかつソースでも良いのですが、今回は白ワインに合わせて洋風に仕上げたかったので、自家製トマトソースも作りました。たっぷりのバターで炒めた玉ねぎに、自家製ホワイトソース、中濃ソース、トマトケチャップを加えて煮詰めたもの。

クリームコロッケと冷えた白ワインって、とっても相性が良いんですよ~😍。

★帆立と芝海老のクリームコロッケの作り方(小12個程度)★


🍎材料
・帆立      大粒4個
・貝柱水煮    1缶
・芝海老     250g(殻付き状態で)
・玉ねぎのみじんぎり 300g
・バター       大さじ4
・小麦粉       大さじ6
・牛乳        200cc
・生クリーム     100cc
・塩、コショウ    各適量
・揚げ油(米油)   適量

📝作り方


1.みじん切りにした玉ねぎをバター大さじ2で炒め、塩、コショウする。


2.玉ねぎが透き通ったら、ほぐした帆立の貝柱、貝柱水煮(汁ごと)、下処理をした芝海老を入れ更に炒める。


3.バター大さじ2を加え、バターが完全に溶けたら小麦粉大さじ6を加え、更によく炒める。


4.牛乳200ccを数回に分けて加え、ある程度とろみがつくまでしっかり炒める。


5.最後に生クリーム100ccを加え、塩コショウで味付けをします。塩は適量なんですが、味見をしながら結構多めに入れてください。美味しいシーフードグラタンのような味になったら完成です!



6.バットにあけ、粗熱をとったあと冷蔵庫に入れて冷やす。(整形しやすくするため)


7.均等に形を整え(1個50g程度)、小麦粉、卵、パン粉の順で衣をつける。(衣をつけたまま冷凍保存も可能です。)


8.180度の米油でカラッとキツネ色に揚げたら出来上がり。(冷凍保存したものを使う場合は、冷蔵庫で解凍してから揚げています。)


ハマグリのボンゴレビアンコ

小粒なハマグリを使ってパスタを作りました。小粒でもハマグリのエキスはアサリとは違いますね~。美味しかったです。


人参とごぼうのサラダ


巨峰、生ハムと洋梨、ブルサンチーズ、パルミジャーノチーズ、人参のスフレとクラッカー、ナッツ類


先日、レシピブログさんからイタリアワインの『タヴェルネッロ トレッビアーノシャルドネ』と『タヴェルネッロ オルガニコサンジョヴェーゼ』をプレゼントしていただきました。

なんと世界で1番売れているイタリアワインブランドとのこと。今回はシャルドネの方をいただいたんですが、果実のフレッシュさと酸味が感じられる辛口の白ワインで、とてもおいしかったです!



「フーディストアワード2021レシピ&フォトコンテスト」参加中
フーディストアワード2021☆レシピ&フォトコンテスト
フーディストアワード2021☆レシピ&フォトコンテスト



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。