2021/04/18

フルーツトマトと水牛モッツァレラチーズのカプレーゼ

今年も「青果の堀田」の小粒完熟トマト(フルーツトマト)と、水牛モッツァレラチーズを取り寄せしました。


フルーツトマトと水牛モッツァレラチーズのカプレーゼ

使用したのは、堀田のフルーツトマト、ミルキーで風味豊かな水牛モッツァレッラ(ブッファラ)、EXVオリーブオイル(IOエクストラホワイト)、バジリコ、ゲランドの塩です。カットして盛っただけですが、最高の素材が合わさると至福の一皿に仕上がります😍。





フルーツトマトウォーター、パン、フルーツトマトのブルスケッタ、フルーツトマト、・ヨーグルトベリーヌ

奥のフルーツトマトウォーターは、湯剥きしたフルーツトマトをバーミックスにかけ、コーヒー用のペーパーフィルターで数時間かけて漉しました。ペーパーフィルター上に残ったものがトマトクーリーで、下に落ちた透明な液がトマトウォーターです。赤い色素は抜けているのですが、トマトの風味や味を感じるさらりとしたジュースのようなもので、とても美味しいんですよ。

3層になったヨーグルトベリーヌは、下からトマトクーリー、水切りヨーグルト、バジルペーストで作ったパン用のディップです。


空豆のムース トマトウオーターのジュレがけ

下から、トマトクーリー、空豆のムース(茹でた空豆を2回裏ごし、7分立てした生クリームを加えて混ぜたもの)、水切りヨーグルト、トマトウォータージュレ、コンソメで煮たそら豆です。旬のそら豆の香りをトマトと一緒に楽しめました!


天使の海老とホタテのステック春巻き

2ツ星フレンチ「ryuzu」のレシピで作った、旨味の塊のような春巻きです。春巻きの中身はペースト状にしたホタテに生クリームを少しずつ加えて作ったムースと、ざく切りにした天使の海老をあわせたもの。お塩でしっかり味付けされているのでソースは不要です。


フルーツトマトの冷製カッペリーニ

堀田の小粒完熟トマトを毎年お取り寄せしている理由は、濱崎シェフのレシピでこちらのトマトソースを作るためです。TBSの「人生最高レストラン」という番組が大好きでよく観ているのですが、私が出演するとしたら(笑)、人生最高の3品のうちの1つはこちらになると思います!

以前も紹介していますが、冷製カッペリーニの作り方を添付しておきます!





1.湯剥きしたフルーツトマトを、バーミックスのミンサー(ミキサー)を使って潰す。
2.裏ごしをする。ミキサーだけでは、種が残ってしまうので、裏漉しは重要です。
3.エクストラバージンオリーブオイル(アルドイノ)と岩塩(ゲランドの塩)を加えて味を整える。
4.バジルを数枚加えて、冷蔵庫で一晩寝かせる。ミキサーをかけた直後はあまり色が良くないですが、一晩寝かせると空気が抜けて鮮やかな赤色に戻ります。


おまけの写真


青果の堀田の小粒完熟とまと(フルーツトマト)

10年以上、毎年取り寄せています。多くの星付きレストランでも使用されているトマトで、酸味と甘味が絶妙なバランスです😍。たまに酸味が強いのが届くときがありますが、1~2日おけば甘味とコクが増してきます。


水牛モッツァレラチーズ(フィオルディマーゾ) 

イタリアから空輸されている水牛モッツァレラチーズ。フッファラ特有の濃厚なミルキー感があり、他社のものよりやや塩気があります。冷凍されていないブッファラの中ではCPが良いと思います。




ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2021/04/14

シーフードパエリア

スペイン料理をいろいろと作りました。


シーフードパエリア

具材は、天使の海老、イカ、タコ、ハマグリ、鶏肉、エリンギ、赤黄パプリカ、ピーマン、空豆。魚介類はあらかじめ火を入れて一旦取り出し、最後に10分ほど蒸す際に戻し入れると旨味が抜けません。

シーフードパエリアのレシピはこちら(←click)。


マッシュルームのアヒージョ

マッシュルームとニンニクをオリーブオイルで煮込んだアヒージョです。バケットを合わせるのが一般的ですが、この日のパンは「ザクロ」のごまパン。ごまの風味とニンニク、オリーブオイルがとても合います!ワインも進みますよ~。


しめ鯖とサニーレタスのサラダ

サニーレタス、トマト、紫玉ねぎ、アボカド、〆鯖のサラダには、ビネガーをきかせたドレッシングをかけて頂きました。


ソパ・デ・アホ

スペイン語でソパはスープ。アホはニンニク。つまり、にんにくのスープです。具材はシンプルに、にんにくとパン、溶き卵のみで作りました。ポイントは、最初にオリーブオイルを引いたフライパンで、にんにく、パプリカパウダーをじっくり炒めて香りを引き出すことです。


ストレートバーム レモンフォンダンがけ(ねんりん家)1134円

毎年購入している季節限定商品です。シャリっとした食感で甘酸っぱいレモンフォンダンのコーティングが美味しいですよ🍋。



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2021/04/11

焼き餃子

「マツコの知らない世界」で紹介されていた宮崎の餃子をお取り寄せしてみました。


餃子の馬渡(宮崎県高鍋町) 冷凍40個入3150円(税込、送料込)

テレビ放映中から注文が殺到していたらしく、届くまで約1ヶ月。この日を首を長~くして待っていました(笑)

皮はとてもモチモチ感があり、付属されていたラードで焼き上げると外はカリッと香ばしく仕上がります。具材には宮崎県産の黒毛和牛とポークが使われているそうで、餡も文句なしの美味しさでした。

下戸の主人も餃子の日だけはビールを欲しがります。私は檸檬堂の鬼レモン😜。20個焼いた餃子も、2人でぺろりと完食しました。


青椒肉絲

欣喜(祖師ヶ谷大蔵)のお料理教室で習ったレシピで作っています。味付けは、醤油、オイスターソース、ケチャップ、酒、などなどで作った醤油ダレのみ。また、牛肉は下味のタレで揉み込んだあと半日寝かせているので、柔らかく仕上がります。


パリパリサラダ

こちらも欣喜で習った一品。茶色いものは、中華麺を素揚げしたもの。本来は細いエビ麺を使うんですが、なかなか手に入らないので普通の縮れ中華麺で代用しました。久しぶりに作ったこともあり、主人の箸が止まりません。


台湾パイナップル 極(きわみ)

中国が台湾への嫌がらせで台湾産パイナップルの禁輸措置をとったという先月のニュース。代わりに日本が大量輸入することで、台湾への支援の輪が広がっています。私もくだもの売り場で台湾パイナップルを毎回探していたのですが、どこにもなく。。。でも地元のスーパーでようやく見つけました!

「極」は樹上完熟の特別なパイナップルで、まるで缶詰のパイナップルかのような甘さ!芯まで美味しく食べられました。またあったら必ずリピします!




ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2021/04/08

ラムチョップステーキ


ラムチョップステーキ フォン・ド・ボーソース

ニュージーランド産のラムチョップに塩コショウをし、ロッジのフライパンで焼き上げました。ソースは、フォン・ド・ボー、白ワイン、グラニュー糖を煮詰めたもの。以前はハーブソルトで頂いていましたが、最近はこのソースがお気に入り。ラム肉とよく合います。


牛肉とマッシュルームのフジッリ

わが家の定番です。具材は牛肉、牛肉と相性の良いサワークリームがベースの味付けで、ピクルスの酸味がアクセントになり、まろやかなコクのあるパスタに仕上がっています。


トマトサラダ ビネガードレッシング

食べやすい大きさに切ったトマトを、ネギのみじん切りと自家製醤油ビネガードレッシングで和え、冷蔵庫で寝かせました。ある程度時間を置いたほうが、ドレッシングとトマトが馴染んで美味しいです。


豆乳スープ

具材はベーコン、エリンギ、玉ねぎ、キャベツ、空豆です。豆乳ならではの優しい甘みのスープに仕上がりました。


グレープフルーツのグラタン

『フロリダ州政府柑橘局×レシピブログ』のモニターコラボ広告企画で、フロリダグレープフルーツを10玉も送っていただきました。

今回はそちらを使ってグレープフルーツのグラタン(焼きグレープフルーツ)を作りました。

★グレープフルーツのグラタンの作り方★
🍎材料
・フロリダグレープフルーツ     1個
・グラニュー糖     大さじ1.5~

📝作り方
1.グレープフルーツの上1/4のところの切り落とし、芯の周り、果肉の周り、薄皮と身の間に包丁を入れる。
3.表面にグラニュー糖をふりかけ、200度のオーブンで15分ほど焼く。焦げ目が少し付く程度に焼く。(焦げ目が薄いようであれば、ガスバーナーで炙ってもOK)

グラニュー糖をかけているので当然ですが、焼いていることもあり、甘味は倍増!温かいグレープフルーツも生とはひと味違って美味しいですよ。



頂いたフロリダグレープルーツ ホワイト5玉、ルビー5玉

ずっしり重いです。果肉がギッシリ詰まっている証拠ですね。

フロリダグレープフルーツの料理レシピ
フロリダグレープフルーツの料理レシピ



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2021/04/05

筍と鰆の炊き込みご飯 と 若竹汁




筍と鰆の炊き込みご飯

三田の「晴山」(←click)で頂いて以来、わが家でも作るようになった炊き込みご飯です。一番出汁で炊いたタケノコご飯と、西京味噌に2日間漬けてグリルで焼いた鰆との組み合わせです。



さすがに3膳は食べすぎなので2膳で止めました(笑)。


筍と新玉ねぎと空豆のかき揚げ

白だしで下味をつけたタケノコをさいの目に切り、新玉ねぎと空豆を一緒に合わせたかき揚げです。タケノコに下味をすることで塩気と旨味が加わり、さらにタマネギの甘味、そら豆のホクホク感も合わさって美味しかったです。


おかひじきの肉味噌和え

さっと茹でたおかひじきに、自家製のピリ辛肉味噌で和えた定番メニューです。


お揚げの甘煮


ナガラミの塩ゆで
 
塩分2%の水で10分ほど茹で、そのまま冷ましただけです。全くクセがない貝で、生姜醤油で頂くと箸が止まらなくなります。



若竹汁

京味(西健一郎さん)のレシピです。鳴門産の生ワカメを一番だしで30分煮てワカメにダシを吸わせます。別の鍋に吸い地用の一番だしを入れ、火にかけたら筍を加えて、薄口醤油と塩、煮たわかめを加えて出来上がり。春を感じる一杯ですね😋。



今日はいつもと違う小鳥の鳴き声が聞こえるな~と思ってベランダを見たら、イソヒヨドリがいました。そ~っとカメラを持ってきて、レースカーテンの隙間から狙ったんですが、カメラのズーム音で逃げてしまいました😣。鳴き声も姿もきれいな鳥だったので残念です。




ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2021/04/02

空豆のニョッキと焼き空豆


空豆のニョッキと焼き空豆

薄い緑色のほうは空豆のニョッキで、濃い方は焼き空豆。トッピングは胡椒とパルミジャーノチーズのスライスです。

空豆のニョッキは、蒸して潰したキタアカリ、焼いて裏ごしした空豆、薄力粉、摩り下ろしパルミジャーノチーズ、溶き卵、コンソメを混ぜて作っています。成形したら熱湯で数分茹で、溶かしバターで和えて完成。

焼き空豆は、サヤごと焼いた後に、サヤと薄皮をむいてオリーブオイルで少し焦げ目がつく程度に焼いています。こうすることで、風味が閉じこもりホクホクした食感に仕上がります。




黒毛和牛シャトーブリアンのローストビーフ

ブロック肉をジップロックに入れて真空にし低温調理器で57度、2時間。そのあと表面をガスバーナーで軽く炙って出来上がりです。低温調理器だとお肉の中心まで火の入り方が均一で、仕上がりも常に同じになるので、高級なA5のお肉でも不安なく作れます。


シーザーサラダ

ロメインレタス、ベーコン、自家製クルトン、パルミジャーノチーズのすりおろしです。


ビーツのスープ

「すかなごっそ」で購入した三浦産ビーツを使ってスープを作りました。ビーツは日本ではあまりメジャーではありませんが、欧米では人気のある定番野菜で栄養素も豊富です。オーストラリアに留学中もホストファミリーの食卓によく出ていました。

今回のスープは、ビーツ、玉ねぎ、じゃがいもを炒めてコンソメで煮て、ミキサーにかけただけです。主人の反応がとても良かったので、また近いうちに作ろうと思います。


おまけの写真📷


4月1日はレイの誕生日だったのでワンコ用ケーキ🎂を手作りしました。米粉(卵2個、米粉40g、ミルク大さじ1、ベーキングパウダー1g)で作った生地の周りにヨーグルトムースを塗り、カットフルーツ(りんご、キウイ、いちご)をあしらいました。


はやいものでもう7才です。リボンは100均の子供用パーティーアイテム😄

レイは普段キッチンには来ない子なんですが、犬用ケーキを作ってるときだけはソワソワしながらキッチンの前にずっといます。なんでわかるの?(笑)

もちろんレオにもおすそ分けして、仲良く完食です。



更におまけの写真📷


レオ(8才) と レイ(3ヶ月)

わが家にやってきた初日の写真です。かわゆい~~~~~~~~~😍😍😍。

2頭とも東京のエムハウス(レトリバー専門のブリーダーさん)出身。16年前にエムハウスで子犬を予約したとき、オスは1年待ちでメスは2~3年待ちでした。2頭目はメスにしたいから、3年後に迎えるつもりで早めに予約したところ、3ヶ月で「生まれました」という連絡がきて・・。予想よりあまりにも早い連絡でしたし、ブラジル旅行の直前だったので断ろうと思ったのですが、「せっかくだし見るだけ見てみない?見てから断っても良いんだから」と主人に言われて行ってみたら・・・


生後2ヶ月のこの子がいた😍。主人の目は完全にハートになっており、即決でした(笑)。このかわいさは反則ですよね。



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。