2019/03/20

ビーフシチュー



ビーフシチュー

いつも主人から絶賛されますが、とても時間と手間がかかるビーフシチューです👀。

まずは牛バラ肉500gと野菜類を2日間かけて煮込み、ゴムベラで押し付けるようにザルで漉してデミグラスソースを作ります。漉したあとのお肉はレオ、レイに進呈(笑)。

そのデミグラスソース使って、今度は黒毛和牛のハネシタを5時間ほど煮込み、更に1晩寝かせました。濃厚でコク深いシチューに仕上がり、お肉も口の中でとろけます。

デミグラスソース、ビーフシチューのレシピはこちら(←click)。




ベビーリーフと生ハムのサラダ




ポテトサラダ、ニンジンとツナのサラダ、フルーツトマトのカプレーゼ

カプレーゼのチーズは花畑牧場のモッツァレラです。伝統的な製法で作られていてミルクの香りがとてもよいです。


おまけの写真📷



「マウントバーム ホワイト・デコレ」(ねんりん屋)  1350円

期間限定で売られていたホワイトショコラがかけられたバームクーヘンです。パリパリのチョコとしっとり柔らかい生地がマッチしていました。定番の「しっかり芽」も購入したので、そちらも楽しみです。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。


2019/03/18

肉じゃが



肉じゃが

今月の米油の部のテーマは「ごはんに合うお惣菜レシピ 」ということで、肉じゃがを作りました。予めじっくり米油で具材を炒めてから煮るのがポイントです。前日に作って数回火を入れていますが、ストウブ鍋だと不思議とジャガイモが煮崩れしません。

★肉じゃがの作り方★

🍎材料(作りやすい量)

・牛肉の切り落とし   100g~150g
・ジャガイモ        中2つ          
・タマネギ         小1つ
・ニンジン        1/2本
・米油   大さじ1
・出汁     400cc
・タレの調味料(砂糖 大さじ3、みりん 大さじ3 だし醤油 大さじ5)

💬作り方

1.ジャガイモは皮をむき、一口大に切り、水にさらしておく。ニンジン、タマネギは乱切りにする。牛肉は食べやすい大きさに切る。
2.鍋に米油大さじ1を熱し、ジャガイモを炒め、ニンジン、タマネギを加える。野菜に油がなじんだら、出汁、タレの調味料を全て入れ、強火で煮立てアクをとる。
4.中火にし、落とし蓋をし、野菜が火が通るまで煮る。
5.牛肉を加え、お肉に火が通ったら火を止め、そのまま蓋をして味を染み込ませる。
6.食べやすい大きさにきり、塩ゆでした彩り用の野菜を添えたら出来上がり。


米油でおいしさ倍増!ごはんもの&ごはんに合うお惣菜レシピ
米油でおいしさ倍増!ごはんもの&ごはんに合うお惣菜レシピ





鮭の京粕漬(魚久)

表面の粕を拭き取り、クッキングシートをひいたフラパンで弱火で焼きました。とても焦げやすいので目が離せませんが、ちょうど良い感じに仕上がりました。




ササミとキュウリの梅肉和え



切り干し大根煮



おまけの写真📷



先日、「もっと米油を知ろう♪ボーソー米油部部員限定イベント」に参加してきました。



ボーソーの米油は国産の米ぬかが原料で、抗酸化成分を多量に含んでいます。米油は加熱による酸化が起こりにくいので、炒め物や揚げ物には最適です。これまで半年以上つかってきましたが、体感的にも揚げ物のときの油切れがとても良いと感じています。

今回は「お米にあう米油を使ったお料理」がテーマで、プロガーさん達のたくさんのレシピを知ることが出来ました。実際に5つの料理を試食しながら、米油の効能などを説明していただき、知識が深められて良かったです。



たくさんのお土産もいただきました。管理栄養士の圓尾和紀先生の本もいろいろ参考にさせていただいています。

米油部の活動も残り3ヶ月ちょっとですが、いままで以上に米油の魅力を発信していきたいと思います!



ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2019/03/14

葉むら(新逗子)

ホワイトデーに、新逗子にある「葉むら」に連れて行ってもらいました。



葉むら

ミシュランで一ツ星⭐を獲得している天ぷら屋さんです。最寄り駅は新逗子ですが、歩ける距離ではないです。お店の前に駐車場が4台分あります。



カウンター8席のほかにテーブルが2卓。もちろんカウンターを予約しました。初めて伺いましたが、御主人の手元がよく見える特等席です❗❗

突き出し1品、海老2、魚貝5,野菜6,かき揚げ天丼、デザートがセットになった梅コース 7020円(税込)をいただきました。ちなみに、竹コースだと天ぷらが5品も増えてしまい、ボリューム的に厳しいような気がします。




ふぐの煮こごり




才巻海老2本

筋切りは2箇所のみ(尾に近い方)でしたが、これだけ真っ直ぐ揚がるんですね📝。




大和芋の大葉揚げ

摩り下ろした大和芋を大葉で包んで揚げてありました。外はサクっと、中はフワフワです。



キス



海老椎茸

椎茸のカサに海老のすり身を乗せて揚げています。旨みのかたまりです😻。



雲丹磯辺揚げ

こちらはウニを海苔で包んで揚げたもの。



そら豆と銀杏



ホタテ

この日1番感動したのがこちらの大きなホタテです。甘さを最大限引き立たせるよう、レアなのに中心まで火が通っているという最高の揚げ方でした😻😻😻。




タラの芽とふきのとう



スミイカ

断面をみるとかなりレアのように見えますが、ちゃんと中心まで火が通っています。



たけのこ



穴子



アスパラガス



かき揚げ天丼

甘辛のタレをかけたあと蓋をして蒸し、衣をフニャフニャにしてしまう伝統的な江戸前天丼です。赤だしのお味噌汁もとても美味しかったです。



いちごシャーベット


どれも素材の良さを感じましたが、とくに印象に残っているのはホタテと海老椎茸です。CPも抜群なので、ぜひ四季折々に伺ってみたいと思います👣。




ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2019/03/12

鶏もも肉のグリル



鶏もも肉のグリル

リストランテ濱崎の料理教室で習ったレシピです。鶏肉をマリネして下味をつけ、ロッジのスキレットで香ばしく焼き上げました。

下味に使ったのは、玉ねぎ、ニンジン、セロリ、ニンニク、塩、ミックスハーブ、ローズマリー、イタリアンパセリなどなど。。。マリネの漬け汁がとても美味しいです。

鶏肉を焼く際は、お鍋の蓋などを使って上から押しつけながら焼くことで、皮目をパリッと仕上げています。




明太子スパゲッティー

昆布茶で旨味が加わっている明太子パスタです。トッピングに大葉を使いましたが刻み海苔でもOKです。

レシピはこちら(←click)。



サラダほうれん草とポーチドエッグのサラダ

生のまま食べることができるサラダほうれん草にポーチドエッグとカリカリベーコンを乗せ、最後にパルミジャーノチーズを摩り下ろしました。

ポーチドエッグの作り方ですが、沸騰したお湯を弱火にして白ワインビネガーと塩を加え、卵を割り入れます。白身が踊るので、菜箸などで形を整えながら白身が固まるのを待ち、氷水に取って冷めたら出来上がりです。



おまけの写真📷



ルビー・カレ・ド・ヴィタメール (8枚入1080円)

話題のルビーチョコレートを購入してみました🍫。ミルク、ダーク、ホワイトに次ぐ第4のチョコと言われています。着色せずにこのピンク色を出せているのが凄いですよね。本来カカオが持っている酸味が活かされているとのことで、甘酸っぱくてとても美味しかったです。人気が凄すぎてどこも品薄らしいですが、他のメーカーのルビーチョコもぜひ食べてみたいです。




ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2019/03/10

活トゲクリガニ




青森県産トゲクリガニ

桜の時期に旬を迎えることから「桜ガニ」「花見ガニ」とも呼ばれるトゲクリガニ🦀。毛蟹の仲間です。ほとんど青森県内で消費されるもので、関東で見かけるのは珍しいです。


塩水(水1リットルあたり塩15g)を沸かし、15分茹でました。茹でるときはカニ味噌が流れ出ないように甲羅を下にします。カニ酢は、出汁:薄口醤油:酢:砂糖=7:1:1:1を煮て冷ましたものです。

小さい蟹なので身を取り出す作業は大変でしたが、カニ味噌も甘くて美味しかったです😍。



白エビ、穴子、人参、大葉の天ぷら



酢蓮



干ししいたけの甘煮

★干し椎茸の甘煮の作り方★

🍎材料(2人前)

・干し椎茸         5~6枚
・『基本のだし「かつおと昆布の合わせだし』 1袋
・水   500cc
・ヤマキダシ       400cc
・調味料(砂糖、みりん 各大さじ2、醤油、にんべんのつゆ 各大さじ1)

📝作り方
1.干し椎茸はたっぷりの水で24時間かけ、戻す。
2.鍋に水400ccとだし1袋を入れて火をつけ 沸騰したら3分煮出し 袋を散りだす。
3.しいたけの石づきを取って、1の漬け汁と一緒に入れて煮る。アクがかなり出るので丁寧に取り除く。
4.10分ほど煮たら、1のだし汁、砂糖、みりんを加える。
5.3分ほどたったら醤油、にんべんおつゆを加えて、汁気が無くなるまでコトコト煮る。
6.火を止めて、そのまま冷ましたら出来上がり。

ヤマキだし部 1年間の集大成!わたしのおすすめおだし料理」
ヤマキだし部 1年間の集大成!わたしのおすすめおだし料理  かつおと昆布の合わせだし






車海老のお味噌汁

先日ばらずしを作った際に、車海老の頭を冷凍保存しておいたものです。車海老のミソも甘くて美味しいお出汁が出ます。


おまけの写真📷




源吉兆庵の桜餅(216円)

かなり小さめで、ふた口で終わっちゃいます(笑)。春に何度も買ってしまう桜餅です🌸。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ←足あとも残してくださると嬉しいです

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。