2017/06/26

新緑の美人林(新潟)

新緑の「美人林」に行ってきました。

美人林は新潟県十日町市にあり、関越自動車道の練馬ICから2時間半ほどで着ける距離です。



夜明け前に自宅を出発し、7時すぎに到着。まだ誰もいない林の中を散策しましたfoot











途中パラパラっと雨が降る音がした時もありましたが、生い茂る葉っぱのおかげで水滴がほとんど落ちてこず、傘をさす必要はなかったです。レオ、レイも濡れませんでした。







ピタッと寄り添って歩くのが好きみたいで、似たような写真が何枚もありますlovely




昨年、紅葉の美人林がとても気に入って、新緑の時期にも来てみましたが、緑も清々しく、やっぱり来てよかったですhappy01

紅葉の美人林のレポはこちら(←click)


美人林で2時間ほど遊んだ後は、清津峡渓谷を散策し、ランチをとりましたrestaurant




小嶋屋総本店

昨秋にも立ち寄ったへぎ蕎麦の名店です。本当は「由屋」という別の名店に行こうとしたんですが、晴れて太陽sunが出てきてしまい、わんこ達を車でお留守番させるのが厳しくなってしまったため断念してこちらへ。(小嶋屋総本店には屋根のある駐車場がありますgood。)



旬彩天ざる特盛り(お蕎麦1.5人前)1706円

何度食べても美味しいです!家ではこちらの乾麺を常備していますが、やっぱり生そばならではの風味は格別ですねsmile



そば団子(216円)


お腹を満たした後は、刃物の町、燕市に向かいましたrvcar


藤次郎

Tojiro-Proの包丁を愛用しており、今回は研ぎ直して頂きました。実はこの日の夜に新潟市内にあるお寿司屋さんに行ったんですが、その店主も藤次郎の柳刃包丁をつかっていましたよ。



4本とも恐ろしいほどの切れ味に戻りました。研ぎ直しの料金は刃の長さにより400~700円程度です。

1番奥のパン切り包丁は今回新調しました。まだ使ってませんが、具沢山のサンドイッチbreadを切るのが楽しみです。

燕市を後にし、次は新潟県聖籠町にあるサクランボ園に向かいましたsmile



予約していたサクランボ30分食べ放題(1500円)です!!cherry cherry cherry

さくらんぼアレルギーが無くなった私のために、主人が連れてきてくれましたsign03



樹上で真っ赤に熟したさくらんぼはとても美しいですね。主人からは「10分でもう無理~ってなるよ」と言われていましたが、いえいえ、私は20分は食べ続けていましたよ(笑)。そして5分休憩し、最後5分はラストスパートupupupをかけ、軽く100粒以上は食べれたと思いますhappy01


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

人気ブログランキングへ ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。

2017/06/23

初夏の和食でおもてなし

義父母をお招きして、父の日のお祝いと、義母のお誕生日を兼ねたお祝いをしました。



乾杯bar

和食に合わせ、獺祭スパークリングを用意しました。日本酒は苦手な私ですが、獺祭スパークリングは不思議なくらい飲みやすくて好きですlovely




天使の海老と帆立の土佐酢ジュレ和え

さっと湯がいた天使の海老と、ガスバーナーで炙った帆立を土佐酢ジュレで和えた一品です。緑色のものはワカメです。土佐酢ジュレのレシピはこちら(←click)



(左奥より)本しめじとホウレン草のお浸し、マンガリッツァ豚の腐乳ソース、蝦夷バフンウニ、巨峰の白和えイカと三つ葉の胡麻酢あえ、だし巻き卵、酢蓮、カボッコリー

1番はやっぱりバフンウニですね。「「島の人」で買った礼文島塩水パックから出しただけですけど(笑)。甘味があって舌触りもよく、とても美味しかったですsmile




鮎のスープ仕立て

旬の鮎を使った一品。グリルで焼いた鮎をミキサーに掛け、ペースト状にしてから裏ごしをします。一番出汁と合わせて火にかけ、白だし醤油と塩で味を整えたら出来上がりhappy01




空豆の含め煮、鶏肉の信田巻き、さつまいも、カボチャの甘煮




トウモロコシの天ぷらと海老真丈

両方とも義母から教えてもらったレシピなのでちょっとドキドキでしたが、「上手に揚がっていて美味しい!」と言ってもらえ一安心sign03。トウモロコシは甘味が強いゴールドラッシュを使いました。

トウモロコシの天ぷらのレシピはこちら(←click)
海老真丈のレシピはこちら(←click)。




鰆の白味噌焼き

下味をつけたサワラをオーブンで焼き、甘く味付けをした味噌をのせて更に香ばしく焼き上げましたhappy01。白味噌ダレは少し焦げ目がつく程度が良いです。1切れまるごとだとボリュームがありすぎるので半分にしました。レシピはこちら(←click)



新生姜の炊き込みご飯

お米2合に対し新生姜50gを入れて、一番だし、薄口醤油で炊き上げました。



蛤のお椀

三重県産の天然はまぐりで作ったお椀です。蛤ならではの旨味が楽しめる一杯ですねconfident



塩香源のお漬物(カボチャのピクルス、赤かぶ、オレンジ漬け大根)




さくらんぼ(佐藤錦)



食べ応えのあるサイズで、美味しく頂くことが出来ましたdelicious

最後は義父母が持ってきてくれた豪華な果物ゼリーも頂き、お腹がはち切れそうになりました。

お料理上手の義父母へのおもてなしはやっぱり緊張しますね。でも、年に数回ではありますが、こうしてお披露目できる機会があるのは、自分にとって良い刺激です。


ランキングに参加しています。応援して頂けると、励みになります。

人気ブログランキングへ ←画面が全部開くまでちょっと待ってくださいね。
レシピブログ ←足あとも残してくださると嬉しいです。

また、コメントも楽しみにしています。ブログをお持ちの方はご訪問に伺いますので、ぜひURL欄も記入してくださいね。